2009年12月03日

キムカツ(恵比寿)・・・テイクアウト弁当でキムカツ初体験

キムカツ弁当0014.JPG
2003年に恵比寿店が登場以来、とんかつの新たな1ジャンルを作ったといっていい「キムカツ」。
但し、ルーツはどうもキムラという人が作ったもののようで
それぞれが今現在どういう経緯でどういう関係になっているのかはよく分からない。
とにかく薄切りの豚肉を25枚重ねてカツにしたのがキムカツで、
私に言わせれば、とんかつっていうのは分厚い豚肉をいかに軟らかく揚げるかが
とんかつ屋の勝負の部分であり、
インチキファミレスのステーキみたいに薄切り肉を重ねるなんて、
軟らかくて当たり前、そんな邪道なかつなんて食いたくない、と思っていた。
しかし、この日、仕事でキムカツの弁当を使うことになり、
余ったので家に持ち帰って食べてみることに・・・。

続きを読む
posted by こここ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷区 恵比寿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする