2009年08月22日

多摩川花火大会からざいもく家(等々力)・・・中国料理ディナー

2009_0822多摩川花火0019.JPG
今年も世田谷区と川崎市合同で合計12,000発の花火が上がった多摩川花火大会。
妻が最も楽しみにしている夏のイベントである。
なんで女ってそんなに花火が好きなんだろう。
浴衣を着たいだけなんじゃ・・・。



2009_0822多摩川花火0007.JPG
東急大井町線から大混雑、二子玉川駅は大パニック、
やっとの思いで河原に出て、大混雑の人波をかき分けて南方向へ歩く。
川崎側の打ち上げ会場の向かいあたりで空きスペースを確保し、
ビールやらカキ氷やらたこ焼きやらを買って、1時間半ほど待つと、花火スタート。

2009_0822多摩川花火0032.JPG
それにしても花火をデジカメで撮るのって難しいね。

さて、20時に終了後、とにかくひたすら歩いて脱出をはかる。
環状八号線に出てもタクシーなどいない。
やっと見つけたバス停で待っても、バスには満員で乗れない。
で、また歩いて、等々力駅周辺にたどり着いたのが21時頃。

近くで、落ち着いた感じの中国料理店「ざいもく家」を見つけ、入店することに。
由緒ある材木商の家屋をそのまま店舗として利用しているようで、
もとは和食割烹だったらしく、オール畳の座敷席である。

長時間の徒歩脱出の疲れを生ビールで癒しつつ、料理を何品か注文する。

ざいもく家0001.JPG
清炒蝦仁(海老の塩味炒め)2,200円(小)。
塩味がさほど濃くなく上品な大人の味つけだ。

ざいもく家0002.JPG
什景豆腐(五目豆腐煮)2,000円(小)。

ざいもく家0003.JPG
焼餃子600円。
皮が甘いので自家製だろう。中くらいの大きさで味はまずまず。

ざいもく家0004.JPG

ざいもく家0005.JPG
〆の食事は牛肉炒麺(牛肉やきそば)1,350円。
あんの牛肉が少ないのが残念だが、味はなかなか。

焼酎のグラスを追加して、〆て7,280円。
落ち着けるし味はいいし、来年も花火のあとはこの店かな・・・、
いや、もっといい脱出法を見つけなくては!


「ざいもく家」
世田谷区等々力2-39-23 пF03-6411-6889
営業時間:11:30〜14:00 17:00〜22:00 無休


星取(★4つが最高、2つが標準)
味:★★★ 量・値段:★★ 接客・サービス:★★1/2
posted by こここ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック