2009年10月31日

新北海園(飯倉片町)・・・分不相応の高級中華

新北海園0001.JPG
日ごろの仕事の疲れなのか、朝から、起き上がっても眠くなって横になり、の繰り返し。
フルタイムで働いている妻も同様で、この日は夫婦でダラダラ、ゴロゴロ。
夕方になって、どちらからともなく、
「夕飯どうしようか?」

なんとなく気分は中華だったのだが、西安飯荘や錦光、中国茶房8って気分じゃない。
考えた挙句、今日は奮発して「新北海園」に行ってみることに。



高級中華にいくと決まった瞬間に、
妻はタンスの奥からチンクアンタのジャケットを出したりしている。
そういう私も、買ったばかりのAldenなんぞを・・・。

18時に着くと、あらかじめ電話しておいたので席が用意されている。
とりあえず生ビールと桂花陳酒ロックを注文し、料理を考える。
グランドメニューにを見ると、一品料理は大盆と小盆があるが、
別メニューに2人用の極小盆が出ている。これは便利。

新北海園0003.JPG
トップバッターで出てきたのがエビマヨの極小盆だ。
しっかりとコロモに包まれたプリプリの車海老は噛むと弾力があり、
マヨネーズも上品な味。
こんなに美味いエビマヨ食ったの初めてだ。

新北海園0007.JPG
続いてが東坡肉の極小盆。
分厚い角煮が四枚、青菜が敷き詰められた土鍋で出てくる。

新北海園0008.JPG
東坡肉のつけ合せとして店員に薦められて注文した蒸しパンがとても美味かった。

新北海園0009.JPG
金華ハムと冬瓜のスープ。上品で高級感漂う味だ。

新北海園0011.JPG
鉄板餃子。人気メニューらしい。
おそらく甘酢のようなものが仕上げに全体にかけられているのだが、
ちょっと甘酸っぱい味が邪魔だった。
分厚い皮が甘みがあって美味かっただけに残念。

新北海園0004.JPG
数日前に行った北海園と味を比較すべく、焼きそばを注文するつもりでいたのだが、
餃子までで私も妻も腹一杯。
でもさすが評判店、ここ最近で食べた中国料理店の中ではダントツで美味かった。
2合で1,260円の紹興酒もすっきりしてとても美味かった。
お会計は二人で11,300円くらい。(10%のサービス料を取られた。)
また来たい。


「北京料理 新北海園」
港区六本木5-18-2 大昌第二ビル пF03(3505)7881
営業時間:11:30〜15:00 17:00〜22:30(L.O.22:00) 日祝:11:30〜22:00
無休 喫煙未確認


星取(★4つが最高、2つが標準)
味:★★★ 量・値段:★★ 接客・雰囲気:★★
posted by こここ at 20:30| Comment(0) | 港区 虎ノ門、神谷町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。