2009年11月26日

大松(大田市場)・・・メディア露出多数の天丼

大松0008.JPG
とにかくテレビだの雑誌だの、B級グルメ特集とかデカ盛特集なんかには
かなり頻繁に登場する、大田市場管理棟にある食堂「大松」。
これだけ紹介されていれば、一度入ってみたくなるものだが、
大田市場って、私の普段の行動範囲からはかなり外れているし、
車でなければゼッタイ行けないし、行き方もよく分からないし・・・。
しかし、午前中にまったく用事がない今日、思い切って行ってみることに。



環状七号線をずっと大井埠頭方面へ走る。
トラックだらけの湾岸界隈を走り、大田市場に午前10時に着く。
入口で守衛さんに止められ、
「大松で食事をしたいんですけど・・・」
すると、赤鉛筆で食事と書かれた駐車許可証を渡され、
それをフロントから見えるように車内に置き、管理棟前に駐車する。

大松0001.JPG
管理棟を入る。
1階の案内で大松は2階にあることを知り、2階へ。

大松0002.JPG
あった!
店内を覗く・・・、誰もいない。

「すみませぇ〜ん!」
「・・・・ハイ・・・」
すごい対人関係に難のありそうな中年男性が奥から出てくる。
6人用テーブルに一人で座り、メニューを見る。

大松0004.JPG

大松0005.JPG
その男性店員がヌメェーっと横に立っている。

「あのぉ、牡蠣天丼があるって聞いたんですけど・・・。」
「・・・ナイデス・・・・。」
うーん、当初の予定が狂ったな・・・ま、仕方ないか。
「穴子大海老天丼ください。」

いつしかそのヌメェーっとした男性はいなくなる。
かわりに快活そうなおばちゃんと社長と呼ばれる年配男性が出てくる。
おばちゃんは私の席の横を通るたびに
「もう少しで出来ますからね、海苔を食べてる穴子なんですよっ。」
なんて声を掛けていく。
時間的に、昼のかき入れ時の準備を奥でしているようだ。

15分くらい待って、ようやく出来上がる。

大松0006.JPG
穴子大海老天丼1,575円
壮観である。
穴子なんか丼に乗り切らず、端がテーブルについていて丼ツユがテーブルにたれる。
こころなしかどんぶりがベタベタしている。

内容は穴子、穴子の背骨、海老、玉ねぎ、ナス、椎茸、大葉。
まあ、事実上穴子と海老の二本立てって感じ。

大松0011.JPG
食べる。
いやあ、こりゃ大変。まったく若者向きだ。
タレは甘辛い味がとても濃いし、玉ねぎの天ぷらなんてこんなにたくさん要らないよ!
コロモも厚くてバリバリ。
見た目の迫力がこの天丼の価値の大半を占めるといって過言でない。

「東京湾の穴子で、金沢八景あたりに棲んでるんですよ。
海苔を食べてるからこんなに肥えるんです。
一度絶滅したんですけど、20年前くらいからまた獲れるようになったんですよ。」
うーん、ウミヘビみたいに身が分厚い穴子。
おばちゃんは嘘をついていないと思うが、味噌汁はインスタントだった。


「大松」
大田区東海3-2-1 大田市場事務棟2F пF03-5492-5872
営業時間:7:30〜20:00 水日祝休 喫煙灰皿あり


星取(★4つが最高、2つが標準)
味:★1/2 量・値段:★★1/2 接客・雰囲気:★★
ラベル:天丼 食堂
posted by こここ at 11:01| Comment(0) | 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。