2009年12月05日

神田 雲林(淡路町)・・・四川料理の決定版!と言えるのではないだろうか・・・

雲林0010.JPG
いやあ、評判は聞いていたけど、こんなに美味いとは思っていなかった。
中国料理は好きだけど、四川料理って中ではあまり好きな方ではないし、
最近流行りの山椒で舌が痺れる麻婆豆腐はあまり得意でないし、
担々麺は食いでのわりにカロリーが強烈に高いので食べないし・・・。
しかし、この店に出会って気分が変わりそうだ。




午前中に電話で席だけ予約し、激しい雨の中、17時半に店に行く。

雲林0001.JPG
店頭の看板に「CLOSED」の札が掛けられ、
「本日は予約で満席となっております。」と書かれている。
階段を上がり、2階の入口へ・・・、まだ開いていない。

しばらくすると奥から女性店員が出てきて、
予約していることを告げると、店内に案内される。

店内は一般的な中国料理店とは趣を異にする内装。
女性向の清潔感溢れる内装だ。
4人用の広いテーブルに座り、生ビールと桂花陳酒ロックを注文する。

雲林0004.JPG
一品目はマコモ茸と彩り野菜のスープ850円(2人用)
具はマコモ茸、かき玉、春雨、ネギ、エノキ茸、三つ葉、香菜、豆腐、トマトなど。
奇をてらわない優しい味だ。

雲林0005.JPG
四川産サンショウの効いた激辛マーボードーフ1,260円
雑誌「大人の週末」で麻婆豆腐1位にランキングされた一品。

美味い!

辛いものが苦手の妻も大絶賛だ。
山椒の味はするが、舌がしびれるほどではない。

雲林0008.JPG
和牛肉のピリ辛甘味噌炒め、中国風九条葱の焼きパイ添え2,100円
甘辛く味つけされた(でも濃くない)牛肉をカリカリのパイに乗せて食べる、
とても楽しい一品。

雲林0012.JPG
皮付き沖縄豚の角煮、宝塔仕立て、花巻添え2,310円
一筆書きのように繋がった角煮を真ん中から裂いて食べていく。
タレは濃すぎず、プリプリの豚の脂身が美味い。

雲林0014.JPG
海鮮入り、海老みそレタスチャーハン1,260円
間違いなく、炒飯オブザイヤーだ。

紹興酒をグラスで2杯追加して、会計は二人で10,293円。
多くの人はコースを注文していたようだったが、
中華はアラカルトの方がゼッタイに安い。

フロアの女性店員さんがとても気の利く人で感じよく、
ゼッタイにまた来ようと誓って退店したのであった。


「神田 雲林(ユンリン)」
千代田区神田須田町1-17 第2F&Fロイヤルビル2F пF03-3252-3226
営業時間:11:30〜14:30 17:30〜22:30 日休 禁煙禁煙


星取(★4つが最高、2つが標準)
味:★★★1/2 量・値段:★★★ 接客・雰囲気:★★★1/2
posted by こここ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック