2009年12月24日

葡萄舎(神田)・・・ランチ限定の本格インドカレー

葡萄舎0004.JPG
春に銀座のHARE GINZAや神田のルードメールに行ったあたりから始まったカレー食べ歩き。
自分でも驚くくらいの執念で名店という名店をつぶしていったが、
それでも世の中はまだまだ広い。
頭の中にある行かなければならないカレー店はたくさん残っている。

年の瀬に一つでも消しておこうと向かったのが神田の「葡萄舎(ぶどうや)」だ。
錦糸町での午後の仕事に向かう途中、神田でJRを下車して12時半頃店へ。
分かりにくいところにあるとの情報だったが、私は以前神田界隈で働いていたので、
迷うことなく店の前にたどり着く。



葡萄舎0001.JPG
小さな看板が出ている。
一人の中年サラリーマンが店頭のメニューを見ながら入店を迷っている。
私が後ろに立つと、その男性はささっといなくなってしまう。

ウソってくらいレトロなエレベーターに乗って5階の店に行くと、
広い木造り風の店内に空席は結構ある。
ラッキーと思い、入口近くの席に座ると、店主と思われる男性が、
「いま入ったお客さんで最後ねぇ!」・・・
どうやらご飯がなくなったようだ。ラッキー!!

葡萄舎0002.JPG
カレーは写真の5種だが、茄子のカレーは既に終わっていた。
この中から1種のカレーを選ぶのが700円、二種のダブルが750円、
そして3種選ぶのがトリプルで850円。
私はせっかくだからとトリプルをチキン、マトンキーマ、オクラとトマトで注文する。

葡萄舎0003.JPG
6分くらいで出来上がる。
トリプルは3種のカレーがそれぞれ小皿に盛られ、ご飯と別皿で出てくる。

食べる。
こりゃ驚きの本格派だ。
いま流行のサラサラ酸っぱ辛い野菜たっぷりヘルシーカレーではない。
モッタリとした、複雑なスパイスの味がする本格インドカレーである。
チキンカレーは具のチキンがあらかじめ炙られているようで、コクがあって美味い。
オクラとトマトのカレーは具が原形をとどめていないが、
ほどよい酸味と複雑な旨味ですっきりした味。
キーマも臭みはもちろんまったく無く、後味がたまらない。

とにかく、身体の奥から欲望をかき立てられる旨味というか・・・
少な目のご飯があっという間になくなってしまい、
カレーがかなり残ったが、残らずきれいに食べて店を出た。
まあ、私でご飯が終わりとか言われたんで、ご飯大盛を注文できなかったんだよね・・・。
でも850円は安い。

女性客多し。


「葡萄舎(ぶどうや)」
千代田区鍛冶町1-3-10 松栄ビル5F пF03-3254-0637
営業時間:11:30〜14:00(ランチ月〜金) 喫煙吸っている人多し


星取(★4つが最高、2つが標準)
味:★★★1/2 量・値段:★★★ 接客・雰囲気:★★1/2
posted by こここ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック