2010年02月27日

JOHN SMEDLEYのウールニットとFULTONの傘

2010_0227JOHN SMEDLEYウールVネック0003.JPG
どんなに安くなっていても、もう冬物はしばらく買わないと誓ったのに・・・。
買ってしまったぁ。


2010_0227JOHN SMEDLEYウールVネック0001.JPG
JOHN SMEDLEYのウールのVネックニット。色はパープル。
丸の内の「Sarto Tecnico BASSETT WALKER」という店で購入。
確か定価は35,000円くらいだったんだけど、11,000円くらいで売っていた。

2010_0227JOHN SMEDLEYウールVネック0002.JPG
背中がこんな感じの柄で、ちょっと変っている。
今年はフェアアイル柄が流行で、
JOHN SMEDLEYのこんな柄のものも他店でいくつか見たが、
背中だけが柄になっているのはここ以外では見ていない。
ジャケットの下に着ていると、ジャケットを脱いだときに“おっ!”って感じか。
カジュアルフライデーに着たいところだ。

ところでBASSETT WALKERだが、いわゆるJUNグループのセレクトショップで、
同じグループ内のアダムエロペがデザイナー系のセレクトショップなのに対し、
こちらはコンサバっぽい品揃えの店だ。
しかし、恵比寿や丸ビル内の店舗は無くなり、今は丸の内仲通りの一店舗のみ。
今回、ニットを買ったが、入れられた紙袋のロゴは「JUN」。
この値引率も・・・。
CAMPSやイエスターモロー以来の、大物セレクトショップが終焉を迎えるか・・・?

FULTON0001.JPG
その後行ったUNITED ARROWS新丸ビル店で折り畳み傘を購入。
FULTONは1956年創業のイギリスの傘ブランドで、特に折り畳み傘が得意、
エリザベス女王の愛用しているという。
まだ日本では扱っている店は少ない。

FULTON0002.JPG
ボタンを一度押すと傘が開き、もう一度押すと閉じるというスグレモノ。
二重構造の骨組みで強風にも耐えるという。
値段は4,725円。
これまで、傘は必ずどこかに忘れてきてしまうので、安いものしか持たなかった。
人生で最も高い傘である。
いつかFOXなんか持ちたいけどね・・・。
posted by こここ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション 服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック