2010年04月16日

キッチン藤(錦糸町)・・・ボリューム自慢の洋食店でカツカレー

1004キッチン藤0006.JPG
錦糸町界隈の若いサラリーマンに人気の洋食店「キッチン藤」
揚げ物中心のメニュー構成で価格帯は600円台、700円台が中心。
そしてなんといってもボリューム満点。
その評判を聞いて、平日のこの日の13時半頃、一人で行ってみた。


カウンター6席ほどにテーブル席が12席くらいの小さな店に
この時間でもまだ8割くらいの入り。
カウンターの一番奥の席に座り、メニューを見る。

1004キッチン藤0004.JPG
因みにこの日のサービスランチはAがロースかつ定食で700円、
Bは海老フライとヒレカツの盛り合わせで850円だ。
気分でカツカレー900円を注文する。

1004キッチン藤0003.JPG
サラダを食べながら待つ。

店は夫婦と思われる男女で営まれている。
客は20代、30代のサラリーマンが中心で、女性客も多い。
注文はサービスランチが多く、揚げ物の鍋はフル稼働のようだ。

注文から13分くらいでカツカレーが出来上がり、
カウンター内の主人から直接手渡される。

1004キッチン藤0005.JPG
かなり大きめの皿に盛られていて、見るからにボリュームが多い。
カレーはサラサラで家庭風な見た目。
具として玉ねぎや細かい豚肉片が認められる。

1004キッチン藤0007.JPG
カツは肉の厚みが0.5cmくらい。総重量は150gくらいか。
厚めのコロモがしっかりついている。
カツカレーのカツとしては充分ボリュームだ。

食べる。
案の定、カレーは家庭風で辛さもなく、全体的にぽわーんとした味。
カツカレーのカレーはカツのソースの役割も果たすので
もうちょっとハッキリした味の方がいいと思うが、
まあ、町の洋食屋さんのカレーの味としてはまあまあのレベルと思う。

他の客が食べていた品々をチラ見すれば、
から揚げ定食、しょうが焼き定食などいずれもボリューム満点。
ご飯も大き目のお茶碗に山盛りに盛られている。
とにかく揚げ物とご飯を腹いっぱい食いたいときには
重宝する店だろう。

1004キッチン藤0001.JPG

キッチン藤 (コロッケ・フライ / 錦糸町、住吉、菊川)
★★☆☆☆ 2.5

posted by こここ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 墨田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック