2010年10月09日

Nirvanam(神谷町)・・・完全に魅了されてしまった!

NIRVANAM神谷町0007.JPG
都内で評判のいいインド料理屋はかなり行ってみたのだが、
もうとにかく私はこの店の虜になってしまったかもしれない。
数年前からランチビュッフェのクオリティが高くてよく行っていたが
ここのところ夜に行くようになって、更にこの店の真価を知った感じだ。

数日前に電話で席だけ予約し、土曜日の18時ちょうどに妻と行く。
すでに数組の客が入っている。
広めのテーブル席に案内され、
ボトルの白ワインを注文してから料理のメニューを見る。

ドーサや一品料理モノのメニューが充実していて数品注文したいところだが、
いつもあとでカレーを食べれなくなってしまうので、
酒のつまみにフィッシュペプドゥ1,200円だけを注文する。
NIRVANAM神谷町0001.JPG
フィッシュペプドゥはカレーリーフとココナッツソースに魚の切り身を混ぜ合わせた料理、
とのことだが、
魚の切り身にコロモがついているような感じ。
スパイスの味もさながら、プヨっとした切り身の食感もいい。

NIRVANAM神谷町0004.JPG
カレー一品目はバターチキン1,400円
今日もお目当てだ。
普通のインド料理屋のバターチキンはとにかく甘くてモッタリしているが、
この店のは違う、という評判を聞いて楽しみにしていたのだ。
食べてみれば、マイルドだが甘ったるいわけでなく、
何か一つ、他にはない何かが加わっているような複雑な味だ。
期待通りの美味さ。

NIRVANAM神谷町0005.JPG
ベジタブル・ハイドラバディ1,400円
店員さんにバターチキンは辛くしない方がいいと言われ、
こちらをベリーホットで注文。
カリフラワー、ピーマン、トマト・・・
もう何が入っているのか確認するのが鬱陶しいくらい夢中で食べてしまった。

NIRVANAM神谷町0008.JPG
ナン400円
オーソドックスな食感。量が多い。

NIRVANAM神谷町0006.JPG
パラクライス1,500円
日替わりメニューにいつも出ているほうれん草ライス。
これがまた何故か、食感といい味わいといいかなりのもので、
ナンだけでは物足りずにいつも注文してしまうのだ。
妻はビリヤニよりもパラクライスがいいと言う。

この日の会計は二人で8,900円。
南インド料理には本来はタンドーリ料理やナンはないらしく、
そのためかこの店のメニューにもタンドーリ料理はわずかしかない。
(ナンは数種類ある。)
しかし、それを補って余りあるメニューの豊富さで、
特に数多い一品料理は、すべて制覇したいという欲求にかきたてられる。
もし妻が嫌だと言っても、腕を引っ張って来週行ってしまうかもしれない。



関連ランキング:インド料理 | 神谷町駅御成門駅六本木一丁目駅



posted by こここ at 21:00| 港区 虎ノ門、神谷町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする