2010年10月30日

【閉店】BONHOMIEボノミー(五反田)・・・こんなビストロがあったらいいなあって思っていた

ボノミー0009.JPG
本年7月にオープンしたばかりというのに、
コストパフォーマンスはおろか、質の高さも評判で、
早くも予約が取りづらいくらい人気のビストロ「BONHOMIE(ボノミー)」。
3日ほど前に電話で席を予約し、土曜のこの日の18時ちょうどに、
妻と二人で行ってみた。

五反田駅からソニー通りを御殿山方向へ歩くと、
ホテル&トラットリアのアリエッタの前に店はある。
店内に入ると、我々が一番乗りのようで、2人用のテーブル席に案内される。

まずは小瓶のビール(生ビールは無い)とボトルの赤ワインを注文する。
ワインはメニューに3,800円、4,800円・・・と料金別に記載されていて、
数種類ある3,800円のものの中からスペイン産のものを選ぶ。

ボノミー0011.JPG
ワインの味がよく分かるわけじゃないので、安いのでいいや、と注文したが、
ややクセがあるもののなかなかの味わいだった。

ボノミー0012.JPG
メニュー。(クリックで大きくなります)
事前調査で評判がよさそうなものを選択しようということになり、
バケット&ジャガイモのグラタン、ドフィノワ400円×2、
じっくり炒めた玉ねぎのタルト600円、豚のテリーヌと自家製ピクルス1,000円を注文する。
メインは時間がかかるので早めに注文してほしいと言われ、
岩手県産石黒農園のホロホロ鳥のロースト2,700円をあわせて注文する。

ボノミー0001.JPG
まずはお通しのパルメザンチーズのラスクが出る。
カリッとしてビールに合う。あっという間に食べてしまう。

ボノミー0005.JPG
バケットに次いでジャガイモのグラタンが出てくる。
バケットもグラタンも両方とも食べ放題。
グラタンはチーズの質がいいのか、とても味が良くていくらでも食べれそう。
バターも出てくるが、バケットにグラタンソースをつけると更に美味い。
因みにバケットはメゾンカイザーのものだそう。

ボノミー0003.JPG
玉ねぎのタルトは濃いあめ色で、甘みに加えやや苦味のある大人の味だ。

ボノミー0006.JPG
ついで豚のテリーヌとピクルス。
テリーヌはなかなかの大きさで、見た目に脂身っぽい部分が多いが、
食べてみるとそれほどしつこさを感じない。
レバーの苦味も効いて、やはり大人の味だ。

ボノミー0007.JPG
ここでメインのホロホロ鳥のローストが出てくる。
もも、ムネ、手羽、肝の四種の部位がジャガイモのローストとともに更に盛られている。
肝は食べてみるとまったくクセがなく、
普段はレバーやアンキモも食べれない妻も、これならいける、と言う。
他の部位も焼き目のついた皮がパリッとしながら肉は柔らかく、
とても美味かった。

もし食べれたら最後にポルチーニのリゾットを食おう、と言っていたが断念。
次に来たときはリゾットを食べるためにグラタンは注文しないようにしよう、と言うと、
妻は、グラタンがとにかく美味かったのでまた食べたいと・・・。
この日の会計は2人で9,500円。
あらためてコストパフォーマンスに驚きつつ、店を後にした。
因みにこの日、予約なしに訪れた人はすべて断られていた。



関連ランキング:フレンチ | 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

posted by こここ at 22:04| 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする