2010年11月23日

NIRVANAM(神谷町)・・・私はNIRVANAM中毒患者です

NIRVAMAN000005.JPG
前回行ってからまだ3週間ほどしかたっていないが、
もう、中毒と思えるほどにNIRVANAMに行きたくなってしまう。
祝日のこの日、数日前に電話で席だけ予約し、18時チョイ前に妻と訪問である。

開店時間より10分ほど前だったが、店は既にOPENしていた。
窓側の4人用席に案内される。
とりあえず気分で赤ワインのフルボトル3,000円とマサラドーサ1,200円を注文する。

NIRVAMAN000001.JPG
すぐにインドワインの赤が運ばれてくる。

マサラドーサを待ちながらちびちびと飲んでいると、続々と客が入店してきて、
あっという間に店内は9割がた席がうまる。
祝日のせいかフロアの店員が二人しかいず、どのテーブルも料理がなかなか出てこない。
ま、あせらずゆっくり飲もう、と・・・。


40分してもマサラドーサは出てこない。
インド人の店員が近寄ってくる。
「注文、キマリマシタカ?」
「マサラドーサ頼んでるんだけど・・・」
「?!」
そのインド人は赤ワインだけ書かれた注文書をわれわれに見せる。
「マサラドーサ頼んでるんだけど・・・」

NIRVAMAN000002.JPG
それからわずか2分ほどでマサラドーサが運ばれてくる。
すぐ作れちゃう料理なのね。
まあ急いでるわけでもないし、気を取り直して食いましょ、ってことで。

NIRVAMAN000004.JPG
薄いライスクレープの中にポテトと玉ねぎをスパイスと共に混ぜたものが入る。
つけ合せのサンバル、マイソールチャトニー、ココナッツチャトニーをつけて食べるのだが、
それぞれ奥深い味わいで、絶品というほか無い。

NIRVAMAN000007.JPG
カレーの一品目はチキンロースト1,500円をVery hotで。
スパイシーグレイビーに鶏もも肉が二つ入った特製レシピだとメニューに書いてある。

NIRVAMAN000011.JPG
こういうやつが二つ入っているのだが、これがもう、どうしてってくらい美味い。
鶏モモ肉はあらかじめスパイスに漬け込まれてローストされているのだろう。

NIRVAMAN000009.JPG
次いでゴアフィッシュカレー1,500円
ゴア地方のスタイル、その場でローストされたスパイスの香りが効いた魚のカレー、との説明。
白身魚の香りがカレー全体に広がり通っている。

NIRVAMAN000013.JPG
ナン400円と共にレモンライス1,000円を注文。
今までパラクライス、ジーラライスを食べたが、これが一番美味いかも。

NIRVAMAN000014.JPG
レモンライスにもココナッツチャトニーが付くのが嬉しい。
かけて食べると、これまた絶品。

NIRVAMAN000015.JPG
マサラドーサが遅れたせいだろうか、チャイをサービスで出してくれた。

料金は二人で8,600円。
年内にもう一回は最低でも来たい。

因みに以下はテイクアウト用のメニューだが、店内でも同じ料金のようだった。
24時間以上前に予約が必要なメニューは掲載されていない。
NIRVAMANmenu0001.JPGNIRVAMANmenu0004.JPG
※クリックで大きくなります。

Nirvanam インド料理 / 神谷町駅御成門駅六本木一丁目駅

夜総合点★★★★ 4.5


posted by こここ at 21:14| 港区 虎ノ門、神谷町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする