2011年03月15日

味のとんかつ 丸一(蒲田)・・・極上ロースの肉はぶっちぎりの旨味

丸一蒲田0003.JPG
食べログとんかつランキング、全国5位、東京都で1位は蒲田の「味のとんかつ 丸一」。
食べログの評価は競争の激しい東京より地方が甘いと言われているので、
この店はとんかつ店としては全国トップクラスの口コミ評価を得ている店と言える。
当ブログにも絶対に登場させなければならない店なのだ。

能書きはともかく、いつもは開店前から行列ができるという人気店。
それでも大地震後の人出の少ない今なら、比較的入店しやすいかもしれない。
午前10時過ぎに店に電話をして営業することを確認し、首都高速を飛ばして向かう。

すぐ近くのコインパーキングに車を停め、店に着いたのが10時40分頃。
店の前に行列は無く、店内を覗けば店員さんたちが開店準備に忙しそう。

店頭の木の椅子に座って開店を待っていると、主人と思われる男性が出てきて、
「開店までもう少々お待ちください。ご注文は何にします?」
もちろん、極上ロースかつ定食2,500円を注文する。

10時58分、女性店員さんが店頭に出てきて暖簾をかけつつ店内に導かれる。
13席あるカウンター席の一番奥に座る。
ご主人にご飯を少なめにしてもらうようお願いする。

丸一蒲田0002.JPG

私の後にすぐに男性一人客が二人入ってくる。
その後に高齢の夫婦が二組、10分ほどで半分の席がうまる。
それでも、以前来たときは開店時に10人程度の行列ができていたことを思えば、
この日は客の入りが落ち着いているのだと思う。

さて、入店から3分ほどで極上ロースかつ定食が出来上がってくる。
極上ロースは分厚くて揚げるのに15分かかるので、先に揚げ始めてくれたのだろう。
カツにつける岩塩が入った瀬戸物の入れ物もカウンター越しに渡される。

丸一蒲田0004.JPG
カツは280〜300gくらい、最大3cmくらいの厚み、かなりのボリュームだ。
ピンク色の部分が残る断面は脂身に富み、キラキラしている。
見るからに美味そうだ。

まず岩塩で食べてみると、口の中いっぱいに豚の脂身の甘さが広がる。
これほど豚肉のかたまりが美味いと思ったことがあったか・・・。
しょうゆで食べても、ソースと辛子で食べても、とにかく豚の旨味が強い。
千葉県香取郡の林SPFポークといえば、とんかつ好きには耳慣れたブランド豚だが、
その真価が発揮されていると言ったらいいのだろうか。
(林SPFでも大したことないとんかつも結構ある。)
旨味の強い豚肉を噛みしめる幸せ・・・。

パン粉の目が細かいコロモはやや割れている箇所があるが、
それでも豚肉から剥がれやすかったりはしない。

生姜の効いた豚汁もいい。

丸一蒲田0001.JPG
さすが東京随一の評価のとんかつ店。
低温揚げ系の丸五、燕楽、とん太、喝などとは比較するべくもないが、
高温分厚い系ではナンバーワンかもしれない。



関連ランキング:とんかつ | 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 20:11| 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする