2011年03月26日

ミレイ(蒲田)・・・野菜をたくさん摂れるのがいい、評判のベトナム料理店

ミレイ0010.JPG
食べログでベトナム料理全国1位の評価を得ている人気店「ミレイ」。
“東南アジア料理”で検索すると全国4位。
エスニック料理愛好歴四半世紀の私が素通りするわけもなく、店に電話する。
「週末は17時からの2時間入れ替え制となっておりまして・・・」
男性店員のこの言葉に、一度は「そんな店行けるか!」と思ったのだが、
どうもあきらめきれず、
結局予約して、土曜のこの日、17時に妻と行ってみたのである。

蒲田駅東口を出て3分くらい、周辺は寂れたスナック街って感じだ。

ミレイ0016.JPG
何の店だよ!って突っ込みたくなる寂しい看板を見つけ、
その建物の階段を2階に上がる。
店内に入ると、すでに7卓中4卓に先客がついている。
予約した時期が早かったからだろうか、我々は広めの4人用席に案内される。

事前情報では、お酒は種類が少なく、一杯あたりの量も少ないので、
缶で出てくる333(バーバーバー)を注文するのがいい、とのことだったが、
考えるのが面倒なので赤ワインのボトル注文。

ミレイ0001.JPG
イタリアのワインのよう。3,800円。
適度なクセでなかなか美味かった。
因みにメニューにベトナムのワインはなかった。

ミレイ0004.JPG
最初に出てきた料理はベトナム風お好み焼き1,350円
パリパリの薄い皮に包まれているのは海老、もやし、鶏肉などなど。
これを細かく分けて、レモングラス、シソ、きゅうりなどとあわせ、
レタスに巻いて、ナムプラーベースの甘酸っぱいタレにつけて食べる。
よくあるタイ風お好み焼きの玉子全面の感じはなく、あんの味もテレの味もアッサリめ。

ミレイ0007.JPG
続いて、1品目に出てきてほしかった魚の生春巻650円
生春巻は海老、肉、魚の三種類があり、あまりなじみのない魚を注文したが、
海老がゆでた白身魚になっただけで、まあ普通の生春巻だった。

ミレイ0009.JPG
三品目は鶏肉とマッシュルームの炒め1,250円
実は、当日のおすすめメニューの中から鶏肉のレモングラス炒めを頼もうと思ったのだが、
妻が、レモングラスは苦手だという。
それでは、と注文したのがこの品だ。
メニューの写真とは違ってかなり具の密度が薄く、
炒め料理というよりは煮込み料理っぽい。
食べてみると、パクチー味が効いているが、ちょっと中華っぽい味だ。

ミレイ0013.JPG
〆はスペアリブと焼肉のせご飯1,250円
スペアリブのせご飯が評判がよかったのだが、焼肉も気になったのでこちらを選択。
焼肉は豚肉の小片を春雨と一緒に、さほど濃くない甘辛いタレで煮込んだもの。

ミレイ0012.JPG
スペアリブはがっちり骨がついていて、ナイフで肉を切り離す。
やはり、それほど濃くないタレが漬け込んである。
肉はとても硬い。

全般的に味は抑え目なんだと思う。
それが女性客に受けているのだろう。
この日も男性客は私を含めて2人だけ。女性客は20人ほどである。

こんな立地の悪い、店構えもよくないお店がなぜ流行るのだろう。
美味しいから?
確かに美味しい。
でもビックリするほど美味しいというわけではない。
居心地がいいから?
いや、よくない。
開店から1時間半でラストオーダーの通告をされる。

ただ、今度来たらこれを注文したい、というメニューが何品かあるのだ。

だから、また来たい店なのである。
因みにこの日の会計は二人で7,150円・・・ん?



関連ランキング:ベトナム料理 | 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅


posted by こここ at 21:00| 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする