2011年04月30日

GARMONTのNEBRASKA GTX

GARMONT NEBRASKA0016.JPG
ゴールデンウィークに高尾山でも登ろうか、と妻と話す。
きっかけは二人とも冬場のSALEでマウンテンパーカを買ったからなのだが、
それなら靴も、ってことで、私が購入したのがこのGARMONTのネブラスカGTXである。

当初はNIKEにTAKAOってモデルがあり、それをお揃いで買おうかと思っていたが、
その内、山登りだからアウトドアブランドのものがいいのでは、なんて話になり、
KEENのJASPERなんてごつくなくてお洒落でいいんじゃない、なんつって
二人で御徒町のART SPORTSのアウトドア専門店に試着しに行ったり。

で、JASPERは街履き用で山には適さないことが分かり、
妻はKEENのTARGHEEUMIDという本格的っぽいトレッキングシューズを購入。

で、私はやはりKEENのPYRENEESというごつそうなブーツを購入しようかと思ったが、
試着したOSHMAN'S新宿店では私のサイズは試着した現品しか在庫がなく、
その品が片足だけ外に出されて色焼けしていて、購入を思いとどまった。
(試着した感じ、フニャっとしてきつい足場はダメそうな印象だった。)

そしてこの日、VICTORIA系列のL-Breathという小川町にあるアウトドア専門店に行き、
あらためてトレッキングシューズを物色。
この店はART SPORTSやOSHMAN'Sよりも品揃えが豊富で、
しかも一品一品に、街履き、ハイキング、トレッキング、マウンテンのどれに適すか、
しっかり表示されているのがいい。

私が購入を考えていたPYRENEESはハイキング用との表示だ。
高尾山ならハイキング用で充分なのかもしれない。
(正直、普通のスニーカーで充分なんだろうと思う。)

しかし、どうせ高い金を出して買うならソコソコ本格的なのがいい。
カッコから入るわけね。
で、最終的に候補にしたのがNEBRASKAとVASQUEのSUMMIT GTX

両方履いてみたが、どちらもしっかり足首までホールドされて頑丈そう。
VASQUEの方がソールが硬く、ゴツゴツの足場を歩いても足にダメージが無いそう。
うーん、店員さんはなんかVASQUEを薦めている感じ・・・。

GARMONT NEBRASKA0025.JPG
で、結局このGARMONTを選択。

GARMONT NEBRASKA0018.JPG
GARMONTはイタリアのアウトドアブランドでスキー靴なども出している。
Sticky Weekendというスニーカーが復刻で発売され話題となった。

GARMONT NEBRASKA0022.JPG
ソールはお約束のVibram。

GARMONT NEBRASKA0027.JPG
アッパーはオイルドレザーっぽいヌバックレザーを下の方でラバーが包む感じ。
なんか本当に本格的っぽいブーツだ。
高尾山に行ってこんな靴を履いている人いるんだろうか・・・。

因みに、売り場にはダナーのマウンテンライトも置いてあったが、
表示は街履き用。
うーん、マウンテンライトって私の中ではマウンテンブーツの代表というイメージだが、
山ではおすすめできないブーツなのだろうか。
店員さんに聞くと、
「あれはおしゃれ用のタウンユースです。ダナーライトもそうです。DIEMMEもそうです。
とてもおすすめできません。」
そうだったのね。

まあカッコだけよりも本物っぽいのがほしかったので、
ダナーとかDIEMMEとか、PARABOOTのマウンテンブーツなんてまったく視界の外。
実用性を兼ねているものの方がお洒落だと思うのだ。

アルパイン靴下0005.JPG
試着のときに借りた靴下と同じものを購入。

アルパイン靴下0004.JPG
なんとこの靴下、左用、右用の組み合わせ。
靴下にも右左がある時代になってくるかも・・・。
posted by こここ at 13:58| スポーツ、ダイエット、観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする