2011年07月11日

【閉店】つけ麺 もといし(新日本橋)…濃厚ドロドロスープに太麺のトレンドつけ麺

008.JPG
濃厚な魚介と豚骨のWスープに極太麺のつけ麺が食べたい、
と思うわけである。
別に私はラーメンもつけ麺も特段好きなわけでも詳しいわけでもない。
その私がこんな気分なのだから、
世の中でそのようなタイプのつけ麺やラーメンが流行ってるっつーことなのだろう。

で、猛暑のこの日、昼の11時に向かったのは「つけ麺 もといし」である。

店の前には3人の若いサラリーマンが開店を待っている。
と、すぐに中から女性店員が出てきて暖簾をかける。

私は4番目の入店で、入ってすぐのカウンター席に座る。
1階はカウンター席のみ8席で、2階はテーブル席のよう。

007.JPG
300gって大丈夫かな、と思いつつも、つけ麺780円豚ほぐし220円を注文する。

厨房の中ではガタイのいい男性が一人で調理をしている。
Tシャツには「初代けいすけ」と書いてあるので、系列店なのだろう。

私の後から3人ほど、男性一人客が入ってくる。
開店から10分ほどで1階の8席中7席がうまるわけだから、
12時台はきっと行列ができるのだろう。

さて、注文から15分ほどで出来上がってくる。

009.JPG
麺は想像通りの太麺でこしも歯ごたえもそこそこある。

010.JPG
スープはドロドロで、ちょっとなめてみると野菜が溶け込んでいるよう。
ややざらっとした感じが舌に残る。

食べてみれば、魚介と豚骨の味に加えて、野菜の甘みが強い。
太麺にこのスープと、クセのないコンビーフのような豚ほぐしをからめ、
口に運ぶと、全体にかなり重たい味。
私のようないい年の人間には堪える味だ。

012.JPG
アクセントに、と卓上の入れ放題の粗みじん切りされた玉ねぎと揚げねぎを投入。
確かに一旦は味がすっきりするような感じがするのだが、
この玉ねぎと揚げねぎにも水分を持って行かれてしまい、更にモッタリに。
もはやつけ汁の役割を果たさない、ソースで和えたコンビーフのような形状に…。
ううう、きつい。

なんとか食い切ったが、こりゃ若者向けだな。
私が出る際、店頭のメニューを見て入店を迷っていた50歳くらいのおじさんがいたが、
目で「違う店にしなよ!」という合図を送りつつ、その場を去った。

001.JPG


関連ランキング:つけ麺 | 新日本橋駅三越前駅神田駅

ラベル:ラーメン つけ麺
posted by こここ at 11:30| 中央区 銀座、東銀座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする