2011年07月13日

【閉店】五右衛悶(錦糸町)…浅草開花楼って書いてあったので

003.JPG
錦糸町駅南口から墨東病院へ向かう途中あたりに位置するラーメン店「五右衛悶」に行く。

炎天下の平日昼13時頃、界隈をウロウロしていて、
たまたまこの店の店頭に「浅草開花楼」の空ケースを見たからである。
因みに私はラーメンにもつけ麺にもまったく造詣は深くないのだが、
よくグルメブログで「浅草開花楼」の字を目にするので、
きっとうまい麺なんだろうと勝手に思い込み、入店したのである。

狭い店だ。
カウンターのみ7席。
この時間、客はゼロ。
入口の右手に券売機があり、千円札を入れると吸収される。
奥から主人が出てきて、
「調子悪いんです、すみません。」
この店、客はいってるんだろうか…。

豚骨濃厚魚介つけ麺 リゾット割850円を注文する。

001.JPG
麺の量は大盛でも中盛でも普通でも料金が一緒とのことで中盛を指定する。

夜はお酒を出すようだ。
店のそこいらじゅうに日本酒や焼酎の瓶が置いてある。
田舎の宿にあるような落書き帳が置いてあり、
見ると、この店は(店の内装からは考えられないほど)新しいらしく、
夜の方が需要が多い店のようだ。

さて、6分くらいで出来上がってくる。

002.JPG
まずはつけ汁が出てくる。

出てきた時点で節の香りが立つ。
濃厚だが粘度が強いというわけではない。
薄くて面積のある煮豚チャーシューが一枚入る。
野菜の甘みが出ている。

004.JPG
麺は縮れた太麺。
これが浅草開花楼なのか…。
量は多そうだが、実はもやしで底上げされている。
濃厚つけ汁がよくからむ麺だ。

味はまあまあなんだと思う。
でもなんとなく店に清潔感がないのと、勢い、活気がないのが気になる。
昼飯食って午後も仕事を頑張ろう、という時に向いている店内の雰囲気ではない。
夜、酒でかなり意識も朦朧としているときに合う店なのではないか。

つけ麺を食べた時点で席を立つ。
後で知ったのだが、
余った汁でリゾットを作ってくれるらしいのだ。
そんなこと言ってくれないと分からないよなあ。
やる気ないのかなあ。
まあ、お腹一杯だったからいいんだけど。



関連ランキング:ラーメン | 錦糸町駅住吉駅亀戸駅

ラベル:ラーメン つけ麺
posted by こここ at 13:45| 墨田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする