2011年07月25日

錦糸町小町食堂(錦糸町)…なんだか悲しくなってくるランチだ

011.JPG
アークグループなる多角経営の会社が運営する小町食堂
セルフでおかずを取る方式の24時間営業の食堂チェーンで、都内に7か所店舗がある。
平日のこの日、午前11時頃、一人で錦糸町店に行ってみる。


30人ほどは楽に入れそうな店内に先客は男性一人客ばかり3人。
おばちゃん店員さんが寄ってきて、奥の棚からおかずを自由に取るよう指示される。

004.JPG
奥の棚に行くと、時間が早いせいかおかずはメニューの半分も並んでいない。
しかしサラダや小鉢類は隙間なくビッチリと並んでいる。

本当は豚の生姜焼きが食べたいと思っていたのだが、まだ並んでいない。
さんまの塩焼き280円アジフライ150円白身魚フライ120円に、
さんまに大根おろしがついていなかったためじゃこおろし120円を取る。

おかずなどを取った後カウンターに行き、それらをレンジにかけてもらう。
その間にごはん小120円味噌汁80円を受け取る。

006.JPG
おかず類が温まるのをご飯と味噌汁を見つめながら待つ。

3分後におかず類が運ばれてくる。
豪華に選んだつもりだったが、並べてみると何となくさびしい。

008.JPG
さんまは時期が時期だから当然冷凍だろう。
身が細く薄いのは仕方がない。
身に対して骨が多すぎるのでは、なんて思うのは気のせいだろうが。
早くさんまの季節にならないかなあ、なんて思いながら食べる。
出来上がってきてみたら大根おろしがついていたのは誤算だった。

009.JPG
アジフライは出来合いだろう。
レンジで温めたのでコロモもろともふんにゃりとしている。
タルタルソースなんて気の利いたものはないので、
カウンターからマヨネーズを取ってくる。
因みにサラダ用のドレッシング類は充実している。

010.JPG
何となく取ってしまった白身魚フライはホキだろうか。
これも出来合いだろう。
鶏のから揚げが小っちゃくて美味くなさそうだったのでこちらを取ったが、
ちょっと余計だった。

ごはんは軟らかめで味噌汁は塩っぱめ。
徹夜明けで朝から一杯飲もうなんてときは使えるのかもしれない店だが、
ランチはちょっと…
好きなものをとってレンジでチンして食うならコンビニ弁当と変わらない。
この日のトータルは870円だった。

001.JPG



関連ランキング:定食・食堂 | 錦糸町駅

posted by こここ at 12:00| 墨田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする