2011年08月23日

バンコクキッチン有楽町店(銀座)…大混雑のランチビュッフェ

008.JPG
タイ料理店らしからぬ清潔感あふれる店内、
きれいな盛り付けとマイルドな味付けで女性に人気のバンコクキッチン。
都内に6店舗を展開する中で、有楽町店のみはランチにバイキングを実施している。
2年前に来たときは悪天候のせいか客の入りは芳しくなかったが、
料理はビュッフェにしてはかなりクォリティが高く、大満足だった。
それを思い出しての再訪である。

開店と同時の11時半に銀座INZの正面にあるビルの8階にある店に行く。
エレベーターを降りると女性客の集団が入店待ちしている。
一人であることを店員に告げ、店内に案内される途中、ビュッフェ台に目をやると、
すでに料理を取るのを待つ列が店内に長く伸びている。
ここで踵を返そうかとも思ったが、
料理町の混雑も最初だけかも、と思い、席につく。

しばらく席で水を飲みながら待つが、入店客がひっきりなしに続き、列は長くなるばかり。
こりゃいかん、と仕方なく列の最後尾に並ぶ。

10分ほどでようやくビュッフェ台の端っこに到達する。
料理の品数は相変わらず豊富だ。
生野菜、温野菜、ヤムウンセン、生春巻きなどの野菜・サラダ類に始まり、
ガイヤーン(タイ風焼鶏)、揚げワンタン、揚げ春巻き、海老すり身揚げ等のおつまみ類、
春雨炒め、イカと野菜の炒めなどの炒め物も充実している。

更にはパッタイ、セルフで作るタイ風そうめん、グリーンカレーとレッドカレー、
そしてご飯と一緒に食べるといい鶏肉のバジル炒め、いわゆるガパオご飯や
海老味噌チャーハンなどご飯類も豊富だ。

タイ料理好きにはたまらない絢爛なラインナップ。

009.JPG
料理を取りつつ列を振り返ると、長さはおさまる様子はない。
こりゃあ料理を取れるのは一回きりだな、と食べたいものをすべて盛る。

味はビュッフェとしては最高レベル。
これで不満なら専門店でアラカルトで食え、という感じだ。
全体的に味つけはマイルドだが、辛みを増すスパイスも用意されている。

012.JPG
問題は混雑ぶりということになるだろう。
この列では1時間程度の昼休みなら1回しか料理を取れない。
8月の夏休み中ということもあったのかもしれない。
この混雑が少し緩和され、料理を容易に何度も取ることができるようなら、
平日1,200円では絶対お得なのだが…。


関連ランキング:タイ料理 | 銀座駅有楽町駅銀座一丁目駅

posted by こここ at 12:15| 中央区 銀座、東銀座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする