2011年08月30日

カレー屋ジョニー(お茶の水)…カレースタンドで激辛カツカレー

029.JPG
男子、40を超えて決して食べてはいけないもの、担担麺、かき揚げ丼、そしてカツカレー。
肝に銘じてきたのである。
しかし制限をかければなおさら強烈に食べたくなる時がくる。
カツカレー、これだけはどうしても我慢できない時がある。

020.JPG
やってきたのはカレー屋ジョニーお茶の水店。
2年ほど前に代々木店には行っているのだが、
その際に激辛のカシミールカレーにビックリロースカツをトッピングできればいいのに、
と思いつつ普通のビックリロースカツカレーを食べたのだった。
しかし、ある口コミからカシミールカレー+ビックリロースカツができることを知り、
この日の訪問となった。

022.JPG
一階は5席ほどのカウンター席と2席のテーブル席、二階にも席があるよう。
私は一階のテーブル席に座る。

023.JPG

024.JPG

カシミールカレー(並)850円とビックリロースカツ350円の食券を渡す。
普通のビックリロースカツカレー(並)が790円だから、410円高いことになる。

026.JPG
他に客はいないというのに意外と出てくるまで時間がかかり、5分くらいで出てくる。
ご飯とカレーとカツがセパレートされて出てくる。

027.JPG
カツはビックリというだけあって面積はデカいが、厚みがあまりないので、
推定120gくらいではないかと思う。
肉よりもコロモの方が多い感じだ。
まあカツカレーのカツはあまり厚みがない方が美味いと私は思っているのだが…。

さて、合わせてみるのだが、カツはいっぺんに全部をのせられず、何切れか別皿に残す。
食べてみれば、カレーにはチキンとローリエが入っていてサラサラめ、
なかなかの辛さで、突出した特徴はなく、味わい深いとまでは言えないが、
カレースタンドのカレーとしてはまずまずなのではないか。

028.JPG
玉ねぎのアチャールが取り放題なのがうれしい。

残念だったのが、ご飯、カツの量に対してカレーの量が少なかったこと。
しかしカシミールカレーはビックリロースカツのトッピングを想定したメニューではないのだろう。
薄くて面積のデカいカツとの相性は、もうちょっとチープなカレーがいいのかもしれない。


関連ランキング:カレー | 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅

posted by こここ at 11:50| 千代田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする