2012年01月07日

LARDINIのチェスターコート

054.JPG
今シーズンのSALEの最大のターゲットだったLARDINIのチェスターフィールドコート、
ようやくこの日、袖の直しが終わっての入手である。

購入は丸ビルカード会員限定セールスタートの12月26日、
丸ビル1階のBEAMS HOUSEにてである。
定価は145,000円くらいだったと思う。その3割引きだ。

ここ数年、コートと言えばスポルヴェリーノが人気だ。
スポルヴェリーノは肩パットや芯地を廃した一枚仕立てのウール地のコートのことで、
膝よりもやや高めの丈で、ジャケット代わりに着るのが流行りだ。

私は数年前にSHIPSでオリジナルのカシミア混ウールのチェスターコートを買っていたが、
昨年冬に階段から転げ落ちた際に袖の痕がついてしまい、
昨年秋口くらいからコートを物色していたのだ。

BOGLIOLI、Belvest、ISAIA、Cantarelli、Carusoあたりが良く見えて、
なかでもここ数年人気のBOGLIOLIとLARDINIは特に…。
でも値段は高いし、ちょっと安めのLubiamあたりをセールで、って感じかなあ、
なんて思っていたのだが、
いざセールがスタートし、売り場に行ってLARDINIを見ると一気に気持ちが盛り上がってしまった。

080.JPG
紺がいいなあ、ダブルブレステッドがいいなあ、と思っていたが、
ズバリのものがある、ってんで、購入である。

011.JPG

026.JPG
LARDINIは30年以上の歴史のあるイタリアのスーツファクトリーだそうで、
エトロ、プラダ、バーバリー、ドルチェ&ガッバーナ等大手メゾンのOEMを手掛けたそう。
一昨年あたりから急にセレクトショップでジャケット、コートを見かけるようになったが、
クリエイティブ・ディレクターが変わったり、日本の代理店が変わったり、
なんてことが原因のよう。
とにかくBOGLIOLIと共に今を代表するブランドと言っていい。

041.JPG

010.JPG
そのLARDINIの代名詞ともいうべきアイコンがブートニエールである。
フェルト製の花だ。
街でこれをしている人を見かけることはまだないが、そのうち増えてくるだろう。

因みに私はこのコートは背広の上に着るつもりである。
ブートニエールをして会社に行く、と妻に言ったら、
こっぱずかしいから絶対にやめて、と言われた。

このコートを着て鏡の前に立ち、満足感に浸りながら、
もう何も買わない!と自分に言い聞かせるのである。
ラベル:BEAMS SALE コート
posted by こここ at 20:00| ファッション 服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする