2012年03月18日

膳(読谷)…まったりのんびり、リゾートの夜

2012_03_18沖縄 047.JPG
日航アリビラに泊まると、夜は読谷界隈の店を探すことになるが、
mintamaや読谷物語など、人気店は日曜日は休み。
そこで、日曜もやっている「膳」をあらかじめ予約した。

名護方面から渋滞があってホテルにチャックインしたのが17時半だったこともあり、
18時予約を30分遅らせてもらい、車で行く。

2012_03_18沖縄 041.JPG
店に着くと先客はゼロ。
名前を告げると、入口近くの4人用席に案内される。
店内は広いが、テーブルを広めに配置しているので席数は全18席と少ない。

2012_03_18沖縄 040.JPG
生ビールの小と赤ワインのボトルを注文する。
赤ワインボトルは2,400円から。

2012_03_18沖縄 042.JPG
ご夫婦と思われる二人で営んでいる店のようだ。
地元客向けのこじんまりした運営のようで、
観光客向けの沖縄料理店のようにメニューの品数は豊富ではない。
楽しみにしていたグルクンの唐揚げは、グルクンの入荷がなくできないと言う。

2012_03_18沖縄 046.JPG
まずはおすすめから近海魚の刺身盛り合わせ1,000円
沖縄の近海魚というから、イラブチとかタマンとかアカジンとかミーバイなんかを期待したが、
出てきたのはマグロ、イカ、カマスにミジュンというイワシの一種。
まあ本当に近海で捕れるんだろうね。

2012_03_18沖縄 049.JPG
続いて定番のラフテー680円
妻がアグー豚を食べたいという。
アグー豚なのかどうかは分からなかったが、甘さもほどほどで美味かった。

2012_03_18沖縄 051.JPG
またまた妻の希望で注文した海ブドウと島豆腐のサラダ750円が出てくる。
レタス、トマトに鰹節が乗り、酸味のあるドレッシングがかかる。
島豆腐は沖縄で食される一般的な豆腐で、
東京で流通される豆腐よりも弾力があって、炒めても崩れにくいなどの特徴がある。
大豆成分が濃いと言う人もいる。

2012_03_18沖縄 056.JPG
店員さんにおすすめされて注文したのがやんばる若鶏のニンニク焼780円
「ニンニクはそんなに強くないですよ。」
と言われたが、その通り。
和風の醤油風味にほんのりとニンニク風味がする優しい味つけだった。

2012_03_18沖縄 060.JPG
〆は和風鯛チャーハンと迷ったが、ソーメンチャンプルー680円を選択。
鰹節がたっぷりで薄切りの豚バラもいい。
妻曰く、「この店でフーチャンプルーも食べてみたい。」…

2012_03_18沖縄 035.JPG
19時過ぎから何組かの客が訪れるが、予約なしの客はすべて断られていた。
19時半にもなれば店はほぼ満席になったが、皆、地元の人たちのようだった。

あまり沖縄料理を全面に出してはいない。
一品の量は総じてあまり多くないが、値段も安いので、
我々のような小食夫婦には、この日の会計も二人で7,000円以下と安上がりだ。

料理はすべて美味しかったが、それよりも店が広々として落ち着けて、
なんとなく時間がスローに流れていく感じがするのがいい。
代行1,000円でホテルに戻った。

沖縄料理 / 読谷村)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 22:30| 都外(神奈川県以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする