2012年03月20日

クルン・サイアム(六本木)…居心地悪さも味で挽回のタイ料理店

007.JPG
春分の日とはいうものの、沖縄帰りの身には東京はまだまだ寒い。
この日、妻とタイ料理を食いに行こうとなったのは、
昨日までの南国気分を引きずっていることは言うまでもない。

直前に電話で予約して向かったのは「クルン・サイアム六本木店」。

自由が丘や中目黒にもお店がある人気店だ。
予約の18時に行く。
店はビックリするくらい小さく、全16席くらい。
しかも席間がとても狭い。
しかし先客はカップル1組だけで、
テーブル席よりもゆとりのありそうなカウンター席に座る。

因みに中2階のようなスペースや外のテラス席もあり、トータル34席あるらしい。

003.JPG
まずはコノスルのカベルネソーヴィニヨン3,200円で乾杯。
市価が1,200円くらいだからちょっと高いね。

004.JPG
サラダ類から妻がチョイスしたのはヤム・ウンセン980円
いわゆる春雨サラダだ。
しっかりと辛く、しっかりと旨味がある。

009.JPG
二品目はカノム・パン・ナーム1,080円
海老と豚挽肉のすり身トーストである。
甘い蜜のようなタレにつけて食べるのだが、
サクッとカリッとした食感がよく、そのまま食べても美味い。
これは病みつきになりそうな一品だ。

010.JPG
卓上には調味料が置かれ、料理にアクセントをつける。
唐辛子が漬かったナムプラー、粗挽きの乾燥唐辛子(プリックポン)、塩に、
ナムソムサイチューという唐辛子を漬けた酢が並ぶ。

016.JPG
ここで早くもご飯もの一品目。
ガイ・パット・バイ・ガパオ・ラート・カオ900円
いわゆるガパオご飯、鶏挽肉のホーリー・バジル炒め+ライスである。

この料理、本来はぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのが本式なようだが、
私たちはご飯とガパオと玉子とをちょっとずつ適当に取りつつ食べる。

017.JPG
玉子にもうちょっと火が入っていなければよかったかなあ。

020.JPG
最後は激辛と書かれた森のきのこカレー(値段失念)。
レッドカレーがなかったのでこれを選んだが、
いわゆる具沢山なタイ風レッドカレーなのだろう。
フクロダケ、シメジ、たけのこに鶏肉、パプリカ、青菜(空芯菜?)などが入る。
スープ状で酸味が強く、なかなかの辛さだ。

全般に味はかなりいい。
店の規模の割には料理の種類も豊富で、
ワイン以外はコストパフォーマンスも高いと思う。

但し、居心地はどうか。
この日は祭日の晩であまり客も来なかったので、カウンターで広々と食事できたが、
テーブルは小さいし、もし満席なら通路もかなり狭いだろう。

あとは店員たちがこちらを見ながらタイ語であーだこーだしゃべっているのはいただけない。
こういう店に来ていつも気になることなのだが、
ひょっとしたら考えすぎかもしれないが、
何か嫌なことを言われていそうな気がしてならない。

001.JPG
会計は2人で7,410円だった。

タイの食卓 クルン・サイアム 六本木店タイ料理 / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 21:00| 港区 六本木、西麻布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする