2006年10月12日

勝漫(淡路町)・・・究極のとんかつ屋?で大かつ丼

世にとんかつの名店といえば真っ先に名が挙がる「勝漫」。
たまたま午前中に予定していた仕事が速く片付き、
思い立って念願の初訪問となった。

ロースかつやヒレかつも名高いが、
マスコミに数多く登場する究極の一品とされる
大かつ丼1,600円。

2006_1012勝漫0001.JPG
まずはこれを食ってみよう。

11時の開店とほぼ同時に行ってみる。
一番乗りだったが、数分もしたら一人、二人、と客が増え、
11時半には狭い店内の8割くらいがうまっていた。
(15〜16人も入ればいっぱいのお店だ。)
客の殆どがサラリーマンだが、年齢層は高めだ。

注文して10分ちょっとで味噌汁、漬物に次いで
大かつ丼が運ばれる。

2006_1012勝漫0003.JPG

で、デカい!

写真では分かりにくいかもしれないが、
普通のかつ丼の1.5倍くらいはある。
定食用のかつをまるまる使っているのだろう。

特徴的なのはタマネギなどが入っていないこと、
つまりご飯の上に玉子でとじたかつだけが乗っているのだ。
ときどきかつ丼のタマネギって煩わしさを感じるもんね。

ひと口食べてみる。美味い。
玉子がふんわりしている。
かつがベチャッとしていず、サクサクだ。
タレが甘すぎず辛すぎず、上品な濃さなので、
肉の旨味を充分感じることができる。

これが究極のかつ丼かあ・・・、ん?ちょっと待てよ・・・
食べ進む内にわずかに、古いというか悪いというか、
変な油の味がする気がした。気のせいか・・・。

赤だしの味噌汁が美味い。
揚げ物に赤だしはホントーにあう。

どんなに感動させてくれるんだろう、
なんて考えて期待していたのがアホなのかも。
期待しすぎるからちょっとの油の味でガッカリしたりして。
カツ丼食って感動するなんてねえ。
庶民的な食べ物だし。
でも1,600円するんだよね。

世に究極と言われる店で名高い品を食いました、かしこ。
って感じか。
特ロースかつ定食2,100円食ってから再コメントしたい。

2006_1012勝漫0004.JPG

「勝漫」
千代田区神田須田町1−6−1 堀谷ビル1F
03−3256−5504
営業時間 11:00〜14:30 17:00〜20:30
     土曜〜14:00
日曜・祝日休



星取(★4つが最高)
味:★★ CP:★★★ サービス:★★★


banner_01.gif 

posted by こここ at 00:00| 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする