2006年10月10日

【閉店】地鶏炭火焼 旬(品川)…品達どんぶり五人衆で親子丼

今年の5月にオープン、その当初は数々のメディアに採りあげられるなど、
かなり話題になっていた「品達どんぶり 五人衆」
スタミナ丼、天丼、海鮮丼、親子丼、かつめしの五店舗が並ぶが、
今日はその中で、中野に本店があるという
「地鶏炭火焼 旬」で親子丼を食うことに。

「品達」HPはもともとは2004年にラーメンのフードテーマパークとしてオープンし、
かの「なんつっ亭」や「くじら軒」、「せたが屋」が出店するなど、
ラーメン好きには魅力的なラインナップだった。
但し、それぞれ本店よりも味が落ちるなどの評判が絶えず、
最近は一時の混雑が見られなくなっていた。

5月に「どんぶり」が出来た当初はメディアの力もあり結構な行列が出来ていた。
平日も会場の11時前から歩道に行列ができ、
警備員が列を整理している光景を覚えている。
今はどうなっているのか。


平日のこの日、近くに用事があり、
ちょうど11時頃時間が空いたので行ってみると、
「ラーメン」も「どんぶり」も閑古鳥が鳴いている。
例外は「なんつっ亭弐」だけだが、それでも11時過ぎで2〜3人の待ち。

普段あまり食べつけていない親子丼を珍しく食ってみようと入店。
さほど大きくない店内に客は私以外にもう一人のサラリーマンだけ。
因みに他のどんぶり屋の入りもさほど変わらない。

メニューは普通の親子丼680円と軍鶏親子丼840円があり、
せっかくなので軍鶏の方を食ってみることにした。

待つこと数分、味噌汁としば漬とともに運ばれてくる。
2006_1010品達0002.JPG
中国人と思われる店員の女性が、置くと同時に丼のフタを下げてしまう

ええーっ!親子丼ってフタ閉めておいて好みの感じまで蒸らすんじゃないの!

玉子はフワフワだ。
しかしとり肉がなかなか見当たらない。
うん?この挽肉みたいのがそうか?
軍鶏だからかコリコリしているが、とにかく小さい
玉子丼食ってるみたいだ。
軍鶏じゃない方にしたらそれなりの大きさのとり肉が入っていたのだろうか。
2006_1010品達0003.JPG

後日友人に聞くと、軍鶏じゃない方の親子丼も肉が小さいとのこと。
これだけ閑散としてれば肉をケチりたい気持ちも分からないでもないが、
貧乏臭い親子丼食わされてミジメな気持ちになった。

多分お店の入れ替えは近いな。

「地鶏炭火焼 旬」
港区高輪3−26−21
03−5475−7021
営業時間 11:00−23:00
無休
kinen_mark-thumbnail4.GIF不明



星取(★4つが最高)
味:BOMB CP:★ サービス:★

banner_01.gif  宜しくお願いいたします。
posted by こここ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区 白金、高輪台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック