2012年05月22日

キッチン パンチ(中目黒)…どんぶり飯の庶民派洋食店

キッチンパンチ
小雨降るドンヨリ空の昼下がり、東急東横線を中目黒で降り、昼飯どころを探す。
通りがかりの大衆洋食店に懐かしい雰囲気を感じ、思わず入店する。
「キッチン パンチ」である。

13時半をまわっていたので、先客は男性二人組のみ。
壁に向かって座るタイプのカウンター席に座る。

キッチンパンチ
メニューを見る。
豊富な揚げ物類にオムライスやナポリタンスパゲティなどの洋食メニューが並ぶ。
追加の“のっけメニュー”が嬉しい。
豚バラ肉の生姜焼き定食950円メンチカツ300円を追加で注文する。

奥の厨房では三人の男性が声を掛け合いながら調理をしている。
注文から3~4分くらいで「上がるよー」の声が聞こえる。
厨房の一人がご飯のジャーをあけると、フロアの女性店員が「普通盛です。」と声をかける。

キッチンパンチ
のっけメニューのメンチカツは生姜焼きと一緒に盛られて出てくる。

食べる。
生姜焼きはそれほど味つけは濃くない。
バラ肉で脂身が多いのは当たり前だが、特に筋張ったところもない。
もうちょっと生姜が効いているといいかなあ、なんて思う。

キッチンパンチ
メンチカツにはあらかじめデミソースがかかっている。
揚げたてで舌が火傷しそうなほどアツアツだ。
肉汁が滴る、なんてことはないが、肉にそこそこ旨味があって、コロモもサクッとしている。

キッチンパンチ
つけ合せのスパゲティーはカレー味だ。

おかずだけ見たら、男性なら、生姜焼きだけでは量的にちょっと物足りないだろう。
“のっけメニュー”は必須と思える。

キッチンパンチ
一方でご飯はまさにどんぶり飯の大盛だ。
卓上にたらこのふりかけがあるのが嬉しい。
だからといって、この年でこれだけの量のご飯を完食してはいけない。
稲作農家の方々には申し訳ないが、3分の1ほど残す。

次回はハンバーグに鳥の唐揚げのっけの半ライスだな、
なんて思いながら、1,250円の会計をして店を後にする。結構高いな。

キッチン パンチ洋食 / 中目黒駅代官山駅祐天寺駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 14:00| 目黒区 目黒、中目黒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする