2012年05月25日

レストラン とらのもん(虎ノ門)…激辛カツカレーの旅は続く

レストランとらのもん
私がそもそもブログを始めたのは、
カツカレー、あんかけ焼きそば、カルボナーラの世界ランク1位の店を探すため、
そしてそれを記録として残すためであった。
それがいつしか単なる食べ歩きブログになってしまったことに最近気づき、
原点に返るべく、
ブログを始めて間もない頃によく行った「レストラン とらのもん」を訪れたのである。

小雨降る平日のこの日、午前11時過ぎ、近くのコインパーキングに車を停め、一人で店に行く。
例によって「稼ぎ中」の札が入口にかけられている。
入店すると、まだ先客はなかった。

レストランとらのもん
(画像クリックで大きくなります。)
ランチメニューにはしょうが焼き、メンチカツ、オムライスなどの洋食メニューが並ぶ。
もちろんカツカレーもある。
しかしランチメニューの800円のカツカレーは辛さを選ぶことができない。

レストランとらのもん
激辛のカツカレーを食べるためには、若干値段が高い特製カレーを選択しなければならない。
辛さは6段階だ。
カツカレー1,200円を、辛さは上から2番目の“とら天国”で注文する。

レストランとらのもん
4人掛けテーブル5卓、計20席の店内は昭和の洋食店の雰囲気だ。
有線だろうか、イージーリスニング的な曲が流れる。

この店はとても腰の低い主人と、独特の雰囲気を持つ夫人とで営まれている。
ユーモアのセンスに富みながら時々恐ろしさを感じる、まるで異星人のような夫人には、
初めて店を訪れたときは大いに戸惑ったものだが、
その内、この女性がお店の魅力の大きな要素であると思わされていく。

レストランとらのもん
例えば、この店ではカレー類を注文するとフォークしか出てこない。
スプーンを頼むと、「フォークで食べていただくことになっています。」と強い口調で言われる。
スプーンがないわけではない。
他の料理ではスプーンが出てくるのである。

また辛さを紛らすべく水を頼むと、「水を飲むと余計辛く感じる」との理由で断られる。
それを知ってからは、終盤までなるべく水をとっておくようになる。

いずれも夫人に強い態度で言われるので、抗弁できない。
しかしその独特な間と抑揚と不思議な佇まいから、何となく怒りがわかず、
「仕方ないか」と思ってしまう。

レストランとらのもん
注文から7分くらいで出来上がってくる。
スープとサラダがつく。
スープはコンソメで、セロリの味が強く出ていてとても美味い。

レストランとらのもん
サラダはレタス、キャベツ、トマトにポテトサラダがついたもの。
サウザンドレッシングがかかる。

肝心のカツカレーはなかなかのボリュームだ。
赤褐色のカレーは洋食店のモノらしく欧風で、ドロッとしているが粘り気はあまりない。
生クリームなのか、ヨーグルトなのか、白い液体が上からひとすじかかっている。
カレー自体に具は認められず、茹でたいんげんがカツと共に乗せられている。

食べる。
ほどよい酸味があってコクもあり、美味いカレーだ。
カイエンペッパーでつけられたのであろう辛さも、直線的だが不自然ではない。
これだけ辛くてもまろやかに感じるのだから、きっと沢山の野菜が煮込まれているのだろう。

レストランとらのもん
カツは最大1p位の厚み、120gくらいのボリュームだろうか。
カツカレーのカツとしては充分な厚さ、ボリュームである。
肉にややスジ張ったところがあるが、コロモに厚みがあって、カレーソースとよく合う。

品川のSHERやこの店との出会いによって、
「カツカレー世界ランク1位を探す旅」はいつしか「激辛カツカレーの旅」へと変貌した。
カツカレーはいまやポピュラーな洋食メニューだが、
激辛カツカレーにはジャンクでカルトな響きがあるのがいい。

レストランとらのもん
お会計をお願いする。
夫人が「1200万円です。」というのをちょっとだけ期待したが、
「1,200円です。」と言われた。
半年に一回くらいは来たい店だ。

レストランとらのもん洋食 / 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 19:17| 港区 虎ノ門、神谷町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする