2012年05月28日

鑫隆楼(シンロンロウ)(目黒)…メニュー豊富なお手頃中華

シンロンロウ
好天の昼下がり、重い鞄を左右持ち替えながら大鳥神社界隈を歩く。
前日の晩は妻とケンカしたせいでろくに晩飯を食っていなかったんだ…、
なんて思い起こすと、空腹と疲れで仕事をする気も失せてくる。

ここでたまたま通りかかったのが鑫隆楼(シンロンロウ)という中華料理店。
あまり本格的でなさそうな大衆中華の店構えでいったん躊躇するが、
若い女性店員さんの笑顔に導かれ、入店である。

時間は13時過ぎくらい。
先客は男性一人客と女性一人客の二人のみ、4人用の広いテーブル席に誘導される。

シンロンロウ
テーブルの上にはランチメニューだけが置かれている。
「ランチメニュー以外も頼めますか?」
「ハイ大丈夫です。」
グランドメニューを渡される。
「ランチメニューでなくてもランチセットがつきます。」
どうやら昼時はサラダ、スープ、杏仁豆腐がつくようだ。

シンロンロウ
(画像クリックで大きくなります。)
焼きそばメニュー。

シンロンロウ
(画像クリックで大きくなります。)
チャーハンメニュー。

シンロンロウ

シンロンロウ
ラーメンメニュー。

シンロンロウ
点心メニュー。

豚バラ入り五目あんかけ焼きそば880円焼餃子480円を注文する。
焼餃子はグランドメニューに載っているものは鉄鍋の棒餃子なのだが、
壁には普通の三日月形の“やみつき焼餃子500円”という写真つきメニューが貼られていた。

料理を待っていると、ポツリポツリではあるが客が入店してくる。
店内はカウンター席はなく、4人用テーブル5卓、2人用テーブル2卓の全24席。
私のように一人で4人用卓を占領している客がいるので人数は10名ほどなのだが、
全卓が一応はうまる。
近隣にラーメン専門店は多いが、手頃なランチ店は少ないのだろう。

シンロンロウ
注文から7分ほどで、まず焼餃子が出てくる。
かなりのサイズ、長さ10p以上の餃子が5つ鉄鍋に横たわる。

シンロンロウ
一つを箸で割って断面を見てみると、
ひき肉、ネギに加え、春雨が入っているのが分かる。

食べてみると、舌が火傷しそうなくらい熱く、中から熱い汁が滴り落ちてくる。
皮にも甘みがある。
肉や野菜の旨味がつまった美味い餃子だ。

シンロンロウ
すぐに焼きそばが運ばれてくる。
全体的に色は黒く、あんが醤油味であることが分かる。
具は豚バラ以外には白菜、小松菜、タケノコ、木耳、フクロダケ、椎茸、人参、もやし等が認められる。

シンロンロウ
麺は細めで焼きムラがある。

食べる。
やや甘めの味付けで、見た目ほど味は濃くない。
麺の焦げている箇所が香ばしい。

シンロンロウ
豚バラは軟らかく、甘めのあんに合ってとても美味い。
もやしがちょっと合わないように思うが、それを除けばまずまずの完成度の焼きそばではないか。

あまりの空腹につい頼みすぎてしまい、餃子を2個ほど残してしまった。
会計時に、中国人と思われる女性店員に残したことを謝ると、
「いえいえ、どういたしまして。また是非いらしてください。」
と流暢に言われた。

シンロンロウ
さて、上記メニュー以外にも一品料理も品数が豊富で、しかもリーズナブルな価格設定だ。
ちょっとやっつけの店構えで、夜に本格中華を食べに来ようという気になりづらいが、
味はそこそこだし一品のボリュームも多いので、意外と夜もイケるかもしれない。
難点は立地で、目黒からも不動前からも歩いて10分以上かかる。
因みに車ならば山手通りを挟んで大きなコインパーキングがある。

鑫隆楼中華料理 / 不動前駅目黒駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 14:41| 目黒区 目黒、中目黒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする