2012年06月04日

つるや(池ノ上)…上質ながら小ぶりの上ロースかつ

つるや
そろそろ背広を着て外回りするにはつらい気候になったなあ、
なんて思いつつ、昼下がりの代沢近辺を練り歩く。
13時半頃、ゴッホのカツカレーも考えたが、
ここは新規開拓を、と淡島通り沿いのとんかつ店「つるや」の暖簾をくぐる。

つるや
(画像クリックで大きくなります。)
店頭のメニューを見る。
ロースかつには厚揚と美味揚があり、美味揚の方が上になっていて値段も高い。

入店すると昼飯時のピークは過ぎたか、客はなし。
カウンターに座り、気のよさそうな年配の主人に上ロースかつ定食1,650円を注文する。
ご飯を少なめにしてもらう。

古びた木造の店内には黒い犬が横たわっている。
やたらと腰の低い主人はかつを揚げ鍋に投入した後、スポーツ新聞を持ってきてくれる。
「揚げるのに12分ほどかかりますので…」

つるや
注文から10分少々でかつが、続いてご飯、漬物、味噌汁が出てくる。
かつは値段の割に小ぶりだ。
厚みは最大で2pを切るくらい、恐らく160〜170gくらいではないだろうか。
コロモは色が濃く、高温で揚げられたのだと思う。
横にも包丁が入り、ひと口大に切られている。

つるや
食べてみる。
脂身は少なめだが赤身に旨味がある。
高温揚げながら肉は軟らかく、肉とコロモに隙間のある部分はあるものの剥がれることはない。

つるや
端っこの部分は脂身に富んでいて甘みが強い。
肉質がいいのだろう。
殆どを醤油で食べたが、なかなか美味いとんかつだった。

つるや
味噌汁は豚汁なのだが、具として野沢菜やトマトが入るなどかなり個性的な品だった。
もちろん美味かった。

つるや
質の高いとんかつだが、惜しむらくはボリュームということになる。
昼に1,650円払うのだから、できれば200g以上は欲しいところだった。
脂身を削ぎ落とさなければそのくらいの肉は出せるのではないか、と思ってしまうが、
質の良い赤身のかつを食べさせるというこだわりなのかもしれない。

つるやとんかつ / 池ノ上駅下北沢駅駒場東大前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 20:50| 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする