2006年11月24日

レストラン とらのもん(虎ノ門)で激辛カツカレー

2006_1124とらのもん0002.JPG
メタボリックシンドローム・サラリーマンを生み出す街「虎ノ門」・・・、
大盛自慢ランチ店のメッカとも言うべきこの街にあって、
ちょっと落ち着いた外観と雰囲気を持つ洋食屋。
その名もズバリ「レストラン とらのもん」
今日はここで激辛のカツカレーを食うことに。

13時頃入店。
先客は女性のペアが一組のみですんなり4人席に一人で着席。

壁にはランチメニューが貼られている。
カツカレー、スペシャルカレー、オムライス、トンカツ、生姜焼き、ハヤシライス、
ミックスランチ、カキフライ、スパゲティミートソースなどが780円均一だ。

しかし私は通常メニューの特製カレーの中のカツカレー1,200円を選ぶ。
なぜなら特製だと辛さを6段階から選択できるのだ。
激辛カレー大好きの私としてはちょっと値段高めでもこちらにせざるを得ない。
辛さは甘い方から子とら・中とら・中々とら・大とら・とら天国・とら地獄、
となっており、
とりあえず勝手を知っておこうと上から二番目の「とら天国」を選んだ。

10分くらい待って登場。
2006_1124とらのもん0005.JPG
サラダが付く。
ここで重要なことを記さなければならない。
この店ではすべてのメニューをフォークで食わなければならない。
「スプーンをください」と言うと、
「ウチはすべてフォークのみで食べてもらってます。」
と、ちょっと風変わりな女性店員(主人の奥さんと思われる)に断られる。
カレー類やハヤシライスなどは絶対にきつい。

カツカレーのカレーは見た目はオレンジ色っぽい茶色。
生クリームがかかっている。
具はなさそうで、
茹でたインゲンが恐らく仕上げの段階くらいで加えられている感じだ。
カツは結構ボリュームがあり、コロモがしっかりしている。
2006_1124とらのもん0003.JPG

食べる。

辛い。

マイルドそうな見た目とは対象的で舌に刺さるような辛さだ。
このレベルが私が普通に食えるギリギリの辛さだと思う。
つまりこの上の「とら地獄」はどのくらい更に辛くなるのか分からないが、
「とら天国」にしておいてよかった、と思った。
味そのものは結構イケる。
生クリームがカレーのコクになっているようで上品な洋食風カレーという感じ。
恐らくカレーの色から察するにトマトのものであろう酸味が
いい具合にアクセントになっている。
カツも美味い。

食ってるうちに一組の女性のペア客と、女性の一人客が増えている。
彼女たちは皆、入店時に煙草が吸えるか確認してから席につく。
最近男のサラリーマンで煙草を吸う人はめっきり減った。
サラリーマン街の虎ノ門の昼どきも喫煙者の居場所は減っている。
男性とは逆に喫煙率が増えている女性にとっては
毎日昼どきに煙草を吸える店を探して、という苦労がつきまとうのだろう、
なんてことを考えながらフォークでカレーと格闘していると、
トイレから客の女がくわえ煙草で手をハンカチで拭きながら出てきた。
美しくないね。

味はソコソコいいんだからスプーンを出してほしいのと、
やっぱ昼どきは禁煙にして欲しい。
2006_1124とらのもん0001.JPG


「レストラン とらのもん」
港区虎ノ門1−12−13
03−3501ー9522
営業時間 11:00−22:00(ランチは11:00−14:00)
土日祝日休
kinen_mark-thumbnail3.GIF なし

星取(★4つが最高)
味:★★1/2 値段・量:★★1/2 接客・雰囲気:★1/2


banner_01.gif 



posted by こここ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 港区 虎ノ門、神谷町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック