2006年11月26日

神田グリル(日比谷)でカツカレー

2006_1126シャンテ0005.JPG
銀座、有楽町、日比谷の飲食店激戦地で

未だにこんな店があったとは・・・。



ちょっとブログに載せようかどうか迷ったのだが・・・、
つまりここで語らうだけの価値がまったくない店なのだ。

日曜の今日、一人で銀座のとある店で買い物をし、
妻に「サダハル・アオキ」のケーキを食いたいと言われていたので、
有楽町の新国際ビルまで買いに行き、
競馬のジャパンカップに備えて帰宅する途中、
昼の12時ちょっと前くらいに日比谷シャンテの地下2階で昼食をとることに。
「とんかつ和幸」やラーメンの「空海」などのチェーン店もあるが、
(そちらにしておけば良かった・・・)
ブログのためと思い、
ちょっと小洒落た外観の「東京洋食 神田グリル」に入店。
2006_1126シャンテ0006.JPG
店の外のショーケースのカツカレーがボリュームがあって美味そうだったので、
それを注文し、しばし待つ。

10分くらいで出来上がる。
2006_1126シャンテ0003.JPG
見た目でまずガックリ。
量がショボい。ショーケースとはだいぶ違う。
不当標示だ!

2006_1126シャンテ0004.JPG
味も食えないわけではないがまったく美味くもない。
カツもカレーもとてもチープな味。
おそらく出来合いのものだ。
おまけにカレーのルーが少なくご飯が最後にあまる。
20年くらい前の食堂などでよくあった現象だ。
全体的にはC&CとかPOT&POTとかカレーの王子様など以下のレベルで、
昔よく池袋の北口辺りにあったさえないカレースタンドを思い出す味、
もちろん1,080円なんて値段はどう考えてもぼったくり級の高さだ。

調べればこの店は「ジロー(GIRAUD)」系のチェーン店のよう。
子供の頃ジローでグラタンを食うのが贅沢な幸せだった思い出は
このチープな内容ながら不当に高価なカツカレーによって
アタマの底から追い出されてしまうのか。
休日なので店にはおばあちゃん客などがソコソコ入っていたが、
恐らく平日は閑散としているのではないだろうか。

会計をしようとするとメニューやショーケースにあった値段は税別なことが判明。
1,080円も取って、しかも中途半端な数字で、更に消費税取るのかよ!
1,134円だと。
土日に有楽町や日比谷辺りに出かけるおばあちゃん、
もしこのブログ見てたら、こんな店に絶対に入らないでね。

「東京洋食 神田グリル 日比谷シャンテ店」
千代田区有楽町1−2−2 日比谷シャンテB2F
03−5521−0080
営業時間 11:00−22:00 無休

kinen_mark-thumbnail4.GIF 不明

星取(★4つが最高)
味:★ 量・値段:BOMB 接客・雰囲気:★★


こんなリポートで終わるのは口惜しいので
最後に「サダハル アオキ」のケーキを。
3個でなんと2,100円!
2006_1126サダハルアオキ0007.JPG
「patisserie Sadaharu AOKI paris」
千代田区丸の内3−4−1 新国際ビル1F
03−5293−2800
営業時間 11:00−21:00


店舗内にカフェあり、新宿伊勢丹にも店舗あり。
ついでの掲載なので星取はなし。

banner_01.gif  宜しくお願いいたします。

posted by こここ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック