2012年07月21日

麺屋武一(新橋)…舌にからみつく濃厚スープの鶏そば

麺屋武一
人通りの少ない土曜の内幸町、新橋界隈を歩く。
ちょっとした用事を済まし、軽くお昼でも、と思ったところに、
たまたま通りがかった新しそうなラーメン店「麺屋武一」。
13時チョイ前くらいで空席もありそうだったので、入店する。

麺屋武一
鶏そばて鶏がら出汁スープのラーメンかな、なんて思いつつメニューを見る。
店内のメニューには大盛、トッピング、サイドメニューのご飯ものなど細かく書かれ、
おつまみメニューなどもある。
一番上に書かれた濃厚鶏骨醤油そば780円を注文する。

7月5日オープンだからまだ2週間ほどしかたっていない。
後で知ったが、すでに評判の店のようで、平日はかなり混むよう。

麺屋武一
注文から8分ほどで出来上がってくる。
醤油そばながらスープの色は黒くない。
水菜、ネギ、焼海苔2枚、つくね、鶏チャーシュー2枚が乗る。

麺屋武一
食べる。
麺は縮れていない中細麺だ。
本来はオーソドックスな麺だと思うが、太麺だらけの昨今ではなんとなく新鮮に感じる。

何といっても特徴的なのはスープ。
モッタリととろみがあって舌にまとわりつく感じ。
天下一品のスープの食感である。
天下一品のようににんにくの味はしないが、濃厚で味に深みがあってとても美味い。

麺屋武一
卓上には黒七味、粉山椒、魚粉などが置かれる。

麺屋武一
途中で魚粉と黒七味を投入すれば、即席ダブルスープでいい酸味が生まれる。
鶏チャーシューは脂身がなく見た目でパサパサしているかな、と思ったが、
意外やしっとりとした食感で旨味も強い。

002.JPG
とても美味いラーメンだった。
量は少なめなので、普通の男性なら大盛にした方がいいかもしれない。
周りを見回すと、殆どの客はご飯ものをつけていた。

麺屋武一ラーメン / 新橋駅内幸町駅汐留駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ラベル:ラーメン
posted by こここ at 14:00| 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする