2006年11月28日

てんぷら黒川(築地)でかき揚げ天丼

朝から妙に腹が減っていてしかもガツンと重たいものが食いたかった私は、
念願だった「てんぷら黒川」の天丼を食おうと車を築地まで走らせた。
2006_1128黒川0003.JPG


2006_1128黒川0001.JPG晴海通り沿いの有料駐車場に車を置き、
築地場外市場へ。
正確な場所を調べずに行ったため
ちょっと迷ったが、
10分ほどウロウロした後発見。
後で分かったのだが
晴海通り沿いに探していたら
看板があってすぐに発見できたようだ。
店は細い路地に面している。
11時20分頃に到着。

店頭にメニューが出ている。
2006_1128黒川0002.JPG
天丼は900円からとなっている。
入店すると無愛想なおばちゃん店員からメニューを渡される。
天丼900円、上天丼1,100円、かき揚げ天丼1,300円、穴子天丼1,500円、
そして特製天丼が2,000円と書かれている。
かき揚げ天丼1,300円に決めて注文。
するとおばちゃん、ウンともスンとも言わずにメニューを引っ込める。
すごく感じ悪い

店内は10人も入れば満員になる広さ、
今日は年配の女性4人組客とカウンターに一人客が先客。
私は一人だったが4人用のテーブルに座った。
威勢のよさそうな若い主人がカウンターの常連客と汚い口調で大声で話している。
店員のおばちゃんも加わってその客と親しげに話している。

なんだよ、クチきけるんじゃねえかよ!

私はこういう店は苦手、というより嫌いだ。
違和感というか居心地の悪さというか、
何となくイヤあーな気分を店を出るまで感じ続けた。

10分もかからずに出来上がる。
2006_1128黒川0004.JPG
うーん、いい色だ。
天丼は長いインゲン2本に海老と貝柱のかき揚げが乗る。
これに漬物とほうれん草の赤だし汁。
天ぷらと一緒に食う赤だしって最高だ。

2006_1128黒川0006.JPG
かき揚げを食う。
美味い。
海老も貝柱もたくさん入っているし貝柱が大きく切ってあり食感がいい。
ごま油の香りがする。
難を言えばご飯の量が少ないことだ。
恐らくお茶碗1杯分くらいしか入っていないんじゃないかと思う。
年配の客が多いからなのかもしれないが若い人には物足りないはずだ。
小食の私はいいのだが、
でもご飯が少なすぎてかき揚げだけが最後に残ってしまうという現象が起こる。
大盛は100円増しとのこと。

あと、他のブログなどを見ると、
かき揚げ天丼は時期やタイミングによってインゲンでないものが乗ることもあるよう。

美味いけどもう一度来るかどうかは分からない。
天丼って体調がいいときでないとクドくて全部は食えないということが分かった。
年のせいかなあ・・・。

「てんぷら黒川」
中央区築地6−21−8
03−3544−1988
営業時間 9:00−14:00 17:00−(L.O. 20:00)
日祝休
kinen_mark-thumbnail4.GIFなし

星取(★4つが最高)
味:★★★ 量・値段:★1/2 接客・雰囲気:★


banner_01.gif  宜しくお願いいたします。
posted by こここ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中央区 築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック