2012年08月27日

味のとんかつ 丸一(大森)…CPは蒲田より上だが

丸一
約4年ぶりの訪問である。
当初ははつ半にでも行こうかと車を大森に走らせていたが、
停めた有料駐車場から近い「味のとんかつ 丸一」に方針転換する。

時間はお昼の12時50分くらい。
外待ち客が一人いたが、3分ほど待って店内へ。
昼が13時までなので、このくらいに行くとさほど待たずに入れる。

009.JPG
相席のテーブル席に座り、メニューを見る。
4年前と同じ、とんかつ定食(250g)1,700円をご飯少なめで注文する。
店内では250gのとんかつ定食は"とんB"と呼ばれているようだ。

相席の客の170gのとんかつ定食が出てくる。
170gでも200g以上ありそうに見える。
他の客が女性店員にとんかつ定食とロースかつ定食(300g)の違いを聞いている。
最上級のロースかつ定食は肉の大きさだけでなく、部位、質も違うという。

001.JPG
10分ほど待って出来上がってくる。
想像通り、ものすごいボリュームだ。
250gというが、300g近くありそうに見える。
一番厚みのあるところで3p近くある。

008.JPG
コロモは目が粗めで色が濃く剥がれやすくなっていて、高温揚げであることが分かる。
脂身は全体に少なめだ。

006.JPG
食べ方については何も言われなかったが、まずは卓上のローズソルトで食べてみる。
なんとなく豚肉の旨味が薄くて塩だけだと物足りない感じがする。
醤油、ソース+辛子と交互に食べてみるが、ソース+辛子が一番合うように思う。

この店は丸一系と言われるとんかつ店群の総本山的な位置づけとされている。
蒲田の丸一、鈴文や横浜の丸和はこの店からの独立と言われているし、
鹿児島や諏訪にも同名の店がある。
丸一系は分厚いとんかつ、断面がピンク、高温揚げ、生姜のきいた具だくさんの豚汁
などの共通の特徴がある。

010.JPG
最も人気のある蒲田の丸一と比べてどうかなあ、なんて考えたが、
丸一の特上ロースと比較するならば、2,200円のロースかつ定食を食べなくてはいけなかった。
ロースかつ定食ならきっともっと旨味の強い肉を使用しているのだろう。
300gを食えるくらい体調を整えて、また来なければいけない。
まあ、250g食べるのなら300gもあまり変わらないような気もするが…。

丸一とんかつ / 大森駅大森海岸駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 13:30| 大田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする