2012年09月05日

登龍(北品川)…デカい餃子を求めて

011.JPG
旧宿場町、北品川で昼の仕事を終えたのが13時半頃。
雰囲気のある旧街道の商店街をふらふらと歩く。
本当は人気の天丼の「三浦屋」が目当てだったのだが、残念ながら定休日。
で、次なる目標はハイCPが評判の大衆中華の店「登龍」である。

店に着き、戸を開けると、何とこの時間で満席。
やむを得ず外で待つことにする。

5分ほどで席が空き、入店する。
小さなテーブル席につき、メニューを見る。

004.JPG

003.JPG
一般的な大衆中華の店のメニューという感じ。
ダイエットであまり米を食べたくない私にとって、おかずだけ注文できるのはありがたい。
焼肉550円と目当ての餃子450円を注文する。

周囲を見れば、この辺りで働いていそうなサラリーマン客が多い。
チャーハンを食べている人が多く、評判のチャーハンの大盛は破壊的な量である。
入店した時は満席だったが、その内空席ができてくる。
13時50分くらいに来ればすんなりと入店できるだろう。

007.JPG
注文から3分ほどで焼肉が出来上がってくる。
豚肉小間切れを玉ねぎとと共に甘めのタレで炒めたものだ。
いかにも大衆食堂的な味。
秋葉原のかんだ食堂の生姜焼き定食を思い出す。

009.JPG
焼肉が出てから5分後くらいに待ってましたの餃子が出来上がってくる。
でかい。
一般的な中華店の餃子の1.5倍くらいありそうだ。

014.JPG
半分に割ってみれば、豚肉、ネギ、ニラの他に春雨が入っているのが分かる。

食べてみると、ギュッと汁があふれ出る。
厚めの皮は焼き目が香ばしい。
あんの下味が薄めなので、何もつけずに食べるとやや味気ない感じがする。

001.JPG
私の後に入ってきたサラリーマン客がチャーハンと単品の麻婆豆腐を注文し、
麻婆豆腐をすべてチャーハンにぶっかけていた。
なんかすごく美味そうに見えた。
きっと常連客なんだろう。
それを横目に1,000円の会計をして店を後にした。

中国料理 登龍中華料理 / 新馬場駅北品川駅天王洲アイル駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 14:00| 品川区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする