2012年10月01日

ロダン(八丁堀)…あえてカツカレーをカスタマイズする

009.JPG
八丁堀のロダンと言えば、
カシューナッツペーストでラテアートのように飾られた美しいカツカレーが有名だ。
カツカレー通を自認する私にとって見過ごせない店であるわけだが、
つい、店外の食券の券売機を目の前にしてひねくれ心が頭をもたげる。

ロースかつカレーは中辛の表示、他に大辛のホールスパイスチキンというカレーがある。

食券を買わずに店内に入り、女性店員に、
「ホールスパイスチキンにロースかつトッピングはできますか?」
と聞くと、出来ると言う。
その店員の指示通り、ホールスパイスチキン850円の食券を買い、
店内でロースかつトッピング350円を現金で払う。

平日の13時過ぎで全40席という店内に客は5〜6人ほど。
ランチのピークを過ぎていたこともあるのか、ほとんどが一人客だった。
目の前の路上パーキングが空いていてラッキーだった。

ロダン

ロダン
カウンター席に座って卓上のメニューを見る。
券売機に無かっただけで、ホールスパイスチキンにロースかつは当たり前に出来るようなのだ。
ならば券売機にロースかつトッピングのボタンを作ればいいのに。

ロダン
サービスというブドウが出てくる。

注文から3分ほどでカレーが出来上がってくる。
この早さなので、カレーはある程度まで出来ている状態で置かれているのだろう。
カツも一定量は作り置きされていると思われる。

ロダン

ロダン
かつはカツカレーのかつとしてはかなり面積が大きめ、厚みは肉だけで1pをきる程度で、
まずまずのボリュームと言える。
カツカレーのかつはあまり厚すぎない方がいい、と私は思っている。
コロモはハードめでしっかり肉にへばりついている。
これが重要で、カツカレーのかつのコロモが剥がれやすいと食いづらいことこの上ない。

ロダン
カレーはスープ状とまではいかないが、サラサラめである。
具は真っ黒になった唐辛子にピーマン、しめじに、鶏肉のかたまりが二個入る。

ロダン
合わせて食べてみる。
かなりスパイスが立った味だ。
スパイスそれぞれの味は私にはよく分からないが、
いろいろな味が混ざって調和しているというよりは、別々に尖って存在している感じ。
もうちょっと辛くてもいいかな、と思うが、なかなか粋なカツカレーである。

こういう本格スパイスの味のカレーをかつトッピングで食べるのが好きなのである。
モッタリしていないカレーはかつとからまないのでカツカレー向きでない、と言う人もいるが、
そもそもカツカレーはジャンクフードだから、邪道も楽しい。

ロダン
とは言うものの、
カツカレー通を自認するならラテアートのカツカレーも食べに来なければいけない。
世のカツカレーはカレーライスとは別に緩やかに進化をしている。

ロダンカレー / 宝町駅八丁堀駅京橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 14:01| 中央区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする