2012年10月24日

つけめんTETSU 品川店…品達一の繁盛店

TETSU
約5年半ぶり品達にやってくる。
第一京浜の反対側のコインパーキングに車を停め、午前11時過ぎに行ってみると、
平日のせいか、どの店もまだ客はまばらだ。
「けいすけ」の黒味噌ラーメンを食べようと思っていたのだが、
品達で唯一行列ができる、と評判の「TETSU」に待たずに入れそうだったので、
ならばと店頭の券売機の前に立つ。

TETSU
おすすめと書かれた特製つけめん1,000円大盛100円の食券を買い、入店する。
麺の量は茹でる前で並盛は200g、大盛は300g、特盛400g、山盛600gとなっている。

厨房前のカウンター席に案内される。
全28席とのことだが、店は小さい。
どの席もカウンター状で、席間はとても狭く、隣の客と触れずにいることは難しい。
私の後、3人くらいまでは並ばずに入店できたようで、従って11時20分くらいから列ができていた。

待っている間、ふと、
TETSUって戸越銀座で海老だしを食ったんじゃなかったっけ?、やっぱ黒味噌だったかな、
なんて後悔したりする。

TETSU

TETSU
5分ほどで出来上がってくる。
見ていると一般的な人気つけ麺店よりは出来上がりが早く回転がいいように思う。
フードテーマパークなのである程度客数を見越して麺を先に茹でているのかもしれない。

TETSU
麺は縮れの少ない断面が四角の薄茶色の太麺だ。
HPでは中太麺となっているが、他店ではもっと太い麺を出しているのだろうか。
スープは鶏がら、ゲンコツと魚介を合わせたものだそうだが、
いわゆるオーソドックスな濃厚Wスープの味、但しとろみはそれほど強くはない。
つるっともちっとした食感の麺と、適度にからむ魚粉のザラッと感を残した酸味のあるスープ、
という感じか。

TETSU
具はネギ、メンマ、味玉にバラ肉のチャーシューが三枚。
チャーシューは箸で持ち上げればほろっと崩れるほど軟らかかった。

焼き石をもらおうかとも思ったが、汁が煮たって服にはねるのが嫌でやめた。
残ったスープに割りスープをちょこっと足し、ひと口だけすすった後、席を立つ。

太麺と濃厚スープのつけ麺のブームは終わったという声がある。
この今どきのつけ麺を食べ始めて1年余りの私ですら食傷気味に感じる。
それでも一部の人気店には行列ができ、
その人気店の代表的な存在であるこの店には、ラーメンフリークに訴える何かがあるのだろう。

TETSU
品達でかつて一番繁盛していた「なんつっ亭」に今や行列はない。
好きだった熊本ラーメンの「ひごもんず」は無くなっていた。
塩ラーメンの「くじら軒」もあったんじゃなかったっけ…。
今から5年後、どうなっているのだろうか。

つけめん 煮干そば TETSU 品川店つけ麺 / 品川駅北品川駅高輪台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8

ラベル:ラーメン つけ麺
posted by こここ at 12:00| 港区 白金、高輪台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする