2012年10月25日

北海道(品川)…史上最低のランチビュッフェ

北海道
外食ランチでの糖質制限はなかなか難しいが、ビュッフェならいける。
炭水化物を取らなければいいからだ。
しかしビュッフェランチは料金が高いことが多い。
1,000円以下のビュッフェランチを調べて引っかかってきた、
品川インターシティ5階の「北海道」に行くことに。

「北海道」はランチビュッフェを実施している店舗は限られていて、
私は実は5年ほど前に新橋店のランチビュッフェに行ったことがあった。
その際はあまりのクォリティの低さに憤りを覚えたのだが、
日ましに競争が激化する品川港南口の店舗ならそんなことはなだろう、
という甘い期待を持って、平日のこの日、13時過ぎに一人で行ってみる。

エレベーターを5階で降りると、そこは店内である。
店員からランチブッフェは14時までと言われ、前金950円を払った後、禁煙席に通される。

北海道
ひどい。
ピーク時もこの品数でやっていたのだろうか。

生野菜、サラダ類(キャベツ、レタス、オクラ、ワカメ、ポテトサラダなど)に、
揚げ物はコロッケ、シシャモのフライ、ちくわフライに鶏唐揚げの残骸の4種。
鮭や穴子、しめサバ、白身などの握り寿司と鮭の刺身が並び、
焼魚の切り身2種に鮭やホタテと野菜のチャンチャン焼き風までがおかずだ。

それにふかしたさつまいも、和風っぽいカレー、チゲ風春雨鍋、自分で作るラーメン、
白飯といった主食類が並ぶ。

北海道
私が取ったのはシシャモフライ、焼き鮭、レタス、キャベツ、ワカメに鶏唐揚げの残骸のみ。
これ以外にまったく魅力的なものがなかった。
シシャモのフライって初めて食べたが、あまりいいものではない。
(だから世の中にあまり存在しないのだと思う。)

鶏唐揚げは端っこの皮の部分がふた切れほど残っていただけだった。
13時過ぎから20分ほど店に滞在したが、料理の補充は一切なかった。

北海道
デザートはオレンジに杏仁豆腐にチョコレート色のパウンドケーキ。
もちろん糖質制限中だから取らなかった。

元を取ろうという気持ちは失せ、いい勉強をしたと自分に言い聞かせ、
13時半頃店を出た。
入店した13時過ぎには広い店内に客はまばらだった。
この内容じゃ、ピーク時にもあまり客はいないのではないか、と思った。

北海道 品川インターシティ居酒屋 / 品川駅北品川駅天王洲アイル駅

昼総合点☆☆☆☆ 1.5

posted by こここ at 14:23| 港区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする