2012年10月29日

【閉店】初代けいすけ 品川店…普通の味噌ラーメンじゃない

003.JPG
"黒味噌ラーメン"に惹かれる。
もともと京都の赤出汁味噌汁なんかが大好きだから、濃い味噌のスープに魅力を感じるのだ。
黒味噌の黒が何の黒なのかを知らずに、単に濃厚な味噌ラーメンが食いたい気持ちで、
平日のこの日、13時過ぎに一人で店に行く。

品達には、先週に人気店「TETSU」に行っているが
この日もその「TETSU」には行列が出来ている。
品達丼も含めた他のすべての店は空席があり、待たずに入れる。

けいすけ
(画像クリックで大きくなります。)
店頭の券売機の前に立つ。
入口の向こうから女性店員がジッとこちらを見つめている。
分かりにくい券売機だなあ、と思いつつ、
人気No.1と書かれたとんとろ炙りチャーシュー黒極み930円の食券を買う。

店に入ると、柱に向かうカウンター席に導かれる。
全28席という店内は3分の1くらいの入りで、正直言って店に活気が感じられない。

けいすけ
5分ほどでラーメンが出来上がってくる。
真っ黒なスープが出てくるかと期待したが、意外と下まで透きとおっている。
黒が下に沈んでしまっているのだろうか。
具はネギ、サフラン、海苔二枚、半分の味玉、ほぼ脂身だけのチャーシューが二枚。

けいすけ
食べる。
麺は中太の縮れ麺ということなのだが、モチっとよりはゴリッとした食感だ。
麺の量は並だとかなり少ない。

スープは表面に分厚い油の層があって、それがどうにも不自然な味わいを感じるのである。
獣肉のアクなんだろうか。
何か意図的に加えられた旨味なんだろうか。
思い返してみれば、黒いラーメン、例えば銀座の五行目黒の航でも同じ味を感じた。
ひょっとしたらラーメン通の人たちは喜ぶ味なのだろうか。

けいすけ
人気店にチャレンジなどせず、普通の札幌ラーメンチェーンに行けばよかった。
先端のラーメンはよく分からない。

初代 けいすけ 品川店ラーメン / 品川駅北品川駅高輪台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.4

posted by こここ at 13:31| 港区 白金、高輪台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする