2012年11月23日

イル リトローヴォ(六本木)…女子会向きカジュアルイタリアン

イルリトローヴォ
不景気を反映してか、店舗の改廃が激しい六本木ヒルズだが、
そのメトロハット内に今年の春に高CPのイタリアンができたとの噂を聞く。
本格ピザ薪窯をウリにした「トラットリア・ピッツェリア イル リトローヴォ」である。
2週間ほど前に電話で席だけ予約をし、土曜の夕方に妻と行ってみる。

18時の予約だったが、17時半頃に着いてしまう。
店員に、ディナーメニューは18時からしか注文できない、と言われ、
毛利庭園やけやき坂のイルミネーションを眺めて時間をつぶし、
18時ちょうどにあらためて訪れる。

032.JPG
店は広く、客席から大きな薪窯が見え、ピザ作りの作業を眺めることができる。
奥まったテーブル席が喫煙席となっているようだ。
禁煙の、4人用の広いテーブル席に案内される。
時間が早いせいか、店内の入りは3割程度だ。

021.JPG
食べログクーポンでスパークリングワインを注文する。
一人あたりの会計が3,000円以上になる場合、最初の一杯が無料になる。

026.JPG
前菜10種盛り合わせ1,800円がまず出てくる。
グリッシーニ生ハム巻き、ポテトサラダ、モッツァレラとチェリートマトのマリネ、ライスコロッケ、
オリーブのマリネ、ゼッポリーニ、野菜のピクルスなどなど。
ゼッポリーニは形がいびつだったが、モチッとしてなかなか美味かった。

031.JPG
ボトルワインは2,600円、3,200円、4,000円と段階があり、5,000円以上のものもある。
白の3,200円の中からおすすめを、と店員に聞き、
オーストラリアのシャルドネを勧められてそれを注文する。
しっかりした重めの白が希望だったが、飲んでみれば…。
3,200円の価格帯では難しかったようだ。

033.JPG
ピザはクアトロフォルマッジ1,000円を選択する。
クアトロフォルマッジは本来モッツアレラ、パルミジャーノ、タレッジョ、ゴルゴンゾーラを使うが、
この店はパルミジャーノの代わりにやや安価なグラナパダーノを使用している。
モッツァレラは後から乗せて、あまり火を通さないようにしている。
食べてみれば、生地の旨味、香ばしさはいま一つも、1,000円ならば十分の味だと思う。

042.JPG
メインは牛頬肉の赤ワイン煮1,400円を注文する。
マッシュポテトが下に敷かれ、牛頬肉がデミグラスソースでやわらかく煮込まれている。
ボリュームも結構ある。

19時を過ぎると徐々に席がうまってくる。
若いカップルや女性グループ客が多い。
隣席の女性5人組はピザやパスタをたくさん頼んでテーブルに並べ、
安いボトルワインを何本も注文するような楽しみ方をしている。
それがこの店の一番いい活用法なのかも、と思いながら、
テーブルで二人で7,400円の会計をし、店を後にした。

イルリトローボピザ / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 20:41| 港区 六本木、西麻布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする