2012年12月19日

とんかつ八千代(築地)…場内で揚げ物なら

とんかつ八千代
朝早い仕事を終えて昼まで時間ができたので、
久々に築地場内にでも行ってみようと車を走らせる。
9時頃着き、異国の言葉が飛び交う大盛況のなか、「とんかつ八千代」を目指す。

カウンターばかり12席に先客は7人ほど。
観光客風の老夫婦が一組いたが、異国の人はいなかった。
皆、人気すし店に行くのだろう。

とんかつ八千代

とんかつ八千代
壁一面に張られたメニューを見る。
過去に幾度か来ていて、ロースカツカキフライを食べたことがあった。
穴子フライ・カキフライ定食1,300円にご飯カレーかけ100円を注文する。

観光客風の老夫婦はカキフライやミックスフライの単品にビールを注文し、
寒い店内で身体を寄せ合いながら言葉少なに箸を進めている。
なんだかいい光景だ。

とんかつ八千代
7分ほどで出来上がってくる。
キャベツ、大根、キュウリの浅漬けと三つ葉、豆腐の味噌汁がつく。

とんかつ八千代
カキフライ三つに穴子フライ一本の構成で、タルタルソースが上からかかっている。
カキも穴子もコロモは目が粗くて厚め、バリッとした食感だ。

カキフライは小さ目のカキを二個抱き合わせて一個のカキフライにしている。
何もつけずに食べてもそれなりに旨味があってイケる。
穴子フライの方はちょっと身が薄く、コロモの厚みに負けている感じがする。

とんかつ八千代
カレーは相変わらず美味い。
ほどほどスパイシーで、煉瓦亭のカレーよりも味わい深いくらいだ。
一方で、いただけないのがご飯が軟らかいこと。
カレーをかけることを想定して炊いていないのかもしれないし、
或いは高齢の客が多いからかもしれない。

とんかつ八千代
今度は評判のチャーシューエッグを食べてみたいと思いつつ、1,400円の会計をして店を出る。

築地の移転問題ってどうなったのだろうか…。
歩行者を睨みつけてどかしながらターレット走らせる光景には相変わらず閉口するし、
寿司屋の前の行列めがけてくわえ煙草を投げ捨てる場内労働者の思い上がりぶりを見て、
汚染した土壌でやってくれ、と思ってしまうのだ。

とんかつ八千代とんかつ / 築地市場駅築地駅東銀座駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.6

posted by こここ at 10:00| 中央区 築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする