2012年12月26日

天久(湯島)…特大球型かき揚げは一見の価値あり?

天久
丸ビル、新丸ビルのカード会員限定セールを物色した後、
二重橋駅から千代田線に乗って湯島に向かう。
「天久」のかき揚げ天丼を食べるためである。

今は亡き新橋の橋善のかき揚げが大好きだったから、
デカいかき揚げの店があると聞けば居ても立ってもいられない。
浅草の中清、三定、葵丸進、沼津港の丸天などなど。
この店もかき揚げのデカさは名高く、かなり前から気になっていた店だ。
宿題は年内に片付けておかなければいけない。

005.JPG

天久
店に着いたのは13時45分くらい。
店構えも店内も年季が入っている。
全19席のこじんまりした店内に先客は高齢の男性一人だけ。

天久
大、中、小の3サイズがあるかき揚げ丼は小でもかなりデカいと評判だが、
どうも先客の高齢の客が食べているのが小のようで、
それならば、とかき揚げ丼(中)2,500円を注文する。
女性店員が一瞬間をおいてから「ハイ」と答えたので、ちょっと心配になる。

主人と思われる男性が冷蔵庫から材料を出し、切り分ける。
5分くらいかけて具を準備し、コロモに投入して揚げる。
分厚いかき揚げだからかなり揚げるのに時間がかかるだろうと思っていたが、
揚げはじめてから8分くらいで、
箸と杓子のようなものでかき揚げを油から持ち上げ、
上下に激しく振って油を飛ばしてる。
あまりにもデカいので置いておくだけでは油が切れないのだろう。

注文から15分くらいでかき揚げ丼が出てくる。
味噌汁、漬物がつく。

天久
恐ろしい量だ。
直径15pくらいの球型のかき揚げがタレには浸されずに丼に乗せられ、
上からタレをかけている。
先客が食べていたかき揚げが色が濃かったので、
ごま油だけで揚げているのかと思ったが、
高温で一気に揚げていてコロモの色が濃いようだ。

天久
箸で真ん中を割ってみる。
中が中空ということもなく、火が通ってなさそうなところもない。

食べる。
具は海老、イカ、かぼちゃ、なす、いんげん、おくら、レンコン、
穴子、しめじが確認できた。
橋善や中清などのかき揚げよりも具の密度が濃く、
コロモの割合が少ないかもしれない。

コロモは高温揚げのせいか硬くてバリバリしている。
焦げはないが、その寸前くらいの箇所はある。
これだけのデカさで中まで火を通さなければいけないのだから、
微妙な火加減は望めないか…。
橋善は極端に言えばミルフィーユのような枚の層になっていたが、
この店のかき揚げはブロック、塊を足し合わせるように作っているのでは、
なんて考えながら食べる。

天久
食べきれなかったことを平謝りして会計をする。
「持って帰りますか?」
と聞かれるが、丁重にお断りする。
しばらくは天ぷらを見たくない。
年越しそばはきつねでいきたい。

天久天ぷら / 湯島駅上野広小路駅上野御徒町駅


昼総合点★★☆☆☆ 2.6

posted by こここ at 14:17| 文京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする