2013年01月24日

カレー屋ジョニー(お茶の水)…びっくりロースカシミールカレー

カレー屋ジョニー
ボリューム満点の激辛カツカレーを食べたい、と思ったとき、
レストランとらのもんと共にまず頭に浮かぶのがカレー屋ジョニーである。
味はそこそこ、値段もカレースタンドの割に高いが、何となく惹かれる店なのだ。

近くの路上パーキングに車を停め、午前11時15分頃に一人で店に行く。
いつもは呼び込みの店員が店の前に立っているが、この日はいない。

カレー屋ジョニー

カレー屋ジョニー
カシミールカレー850円ビックリロースカツ350円ルー増し100円に決める。
ビックリロースカツトッピングは食券がないので、店員に直接現金を払う。

カレー屋ジョニーにはお茶の水店と代々木店がある。
数年前までは両店のメニューは変わらなかったが、
代々木店は一度“牛焼きジョニー”に業態変更した後、2年程前に再びカレー屋ジョニー戻し、
その関係かどうかはわからないが、ややメニューがお茶の水店より乏しい。
例えば、代々木店のビックリカツはチキンのみだし、辛味スパイスがない。
だから、お茶の水店の方がカスタマイズできる範囲が広いということになる。

カレー屋ジョニー
注文から3分ほどでまずカツライスが出てくる。
以前来た時はご飯とカツがセパレートされ、カツには千切りキャベツが添えられていたが、
今回はご飯に直接カツが乗り、キャベツはない。
そしてカツの面積が以前よりも明らかに大きい。

カレー屋ジョニー
カツに厚みがないのでグラムにすれば100チョイくらいかもしれないが、
広さがあるので食べごたえはありそう。
カツカレーのカツはあまり厚みがない方がいいし。

カレー屋ジョニー
すぐにカシミールカレーが出てくる。
ルー増し分はその後に別皿で出される。
カレーには月桂樹の葉、チキン(ムネ肉?)、じゃがいもが入っている。
(ルー増しには具は入ってない。)

カレー屋ジョニー
食べる。
粘度はあまりなく、ニンニクが効いてしっかり辛いカレーである。
コクや旨味はそれほど強くないが、
果実味っぽい甘みもそれなりにあるので、カツのソースとしてはいい。
取り放題の玉ねぎのアチャールを挟んで味に変化を加えながら食べ進む。

カレー屋ジョニー
なんかあまり店に活気を感じないので、昼のピーク時に流行っているか心配だ。
食べ終わったときはいつも“もういい”感を感じるのだが、
半年くらいするとまた食べたくなってくる、不思議な店なのだ。

カレー屋ジョニー お茶ノ水店カレー / 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅小川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 11:40| 千代田区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする