2013年01月25日

味かね食堂(武蔵小山)…炭水化物なんでも屋さん

味かね食堂
中原街道沿い、平塚橋交差点近くに目立つ店構えの味かね食堂。
開店当初は焼きカレーの店のイメージだったが、
その後メニューが増えてバラエティーに富んだ大衆食堂になったとの情報を得て、
平日のこの日、昼の12時半頃一人で行ってみたのである。

味かね食堂
店頭にメニューがあり、一番上に焼きカレーが載っているが、
他にもラーメン、つけ麺類、坦々麺類、チャーハン、焼きそば類、パスタ類、定食類など、
メニューは豊富だ。

味かね食堂
焼きカレーやラーメン、パスタは細かく量を設定することができ、
小食の人も大食いの人にも対応できるようになっている。

味かね食堂
数あるメニューの中から豚肉あんかけ炒飯880円餃子350円を選択する。
昔、国分寺の大衆中華店でよく食べた肉あんかけチャーハンが美味かったなあ、
なんて思いながら注文する。

味かね食堂
店内は4人用テーブル席が6卓にカウンター席が3席ほど、席間は広い。
テーブルや椅子は簡単に持ち運べそうな簡易的なものだ。
ランチのピークと思えるこの時間でも空席があり、待たされることはなさそう。
客層は若めで、私以外のほとんどの客が喫煙をし、備え付けのコミックを読んでいた。
店員は厨房に男性一人、フロアに女性一人。
厨房が一人で順番に注文をさばいているようで、混んでなくてもそこそこ待たされる。

味かね食堂
注文から5分ほどでまず餃子が出来上がってくる。
一緒に醤油、辣油、酢が出される。
大きさは標準サイズ、薄い羽根がついている。

食べてみれば、皮が軟らかく、焼き目の部分も全くパリッとしていない。
蒸し焼きにしているのだろうが、もうちょっと強い火力でしっかり焼いた方がいい。
あんは豚肉を使っているのだろうが、やや臭みを感じた。

味かね食堂
それから更に5分してあんかけチャーハンが出来上がってくる。
ぶっきらぼうな調子の女性店員からスープはセルフサービスだと言われ、取りに行く。
スープは鶏ガラっぽいかき玉とわかめとタケノコが入ったもの。

味かね食堂
恐らく中華料理は専門外なのだろう。
チャーハンは米がダマになり、玉子が一か所に固まっていたりする。
チャーハン自体にあまり味がなく、味はあん頼りということになる。
そのあんは玉ねぎだらけで豚肉がほとんど認められない。
ご飯の量だけはやたら多く、あんの量とバランスが取れていない。

味かね食堂
メニューに占める中華料理の割合が多いので、つい中華系を注文してしまうが、
焼きカレーを食べてみなければいけないのかもしれない。

隣席の若い小太りの女性がタバコを指に挟みながらスプーンを持ち、
もう一方の手でフォークを持って大盛パスタを食べ、
真っ赤に染まった歯をむき出しながら同伴の男性と大声でしゃべっていたのが印象的だった。
因みにメニューの値段表示は税別で、会計時に消費税が足される。

焼カレー 味かね食堂 (カレー(その他) / 戸越銀座駅武蔵小山駅戸越駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.4

posted by こここ at 13:25| 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする