2013年01月30日

【閉店】燕京(大崎広小路)…メタボへまっしぐら!日の丸大衆中華店

燕京
五反田界隈のメタボサラリーマンのお腹を支える人気大衆中華店「燕京」。
山手通り沿いの路上パーキングに車を停め、11時20分頃一人で店に行く。

燕京

燕京
店頭のランチメニューのしょうが焼きに惹かれるも、ボリュームが評判のチャーハンも気になる。
どちらにするか決めかねながら入店する。
先客はなく、店員たちが腰かけて談笑している。
私がこの日の一番乗りだったようだ。

燕京
壁に貼られたグランドメニューを眺める。
決心がつかないが、横でおばちゃん店員が催促気味に足をゆすりながら立っている。
堪らず、
しょうが焼きのおかずチャーハンってできますか?」
と聞くと、
「できますけど、そんなに安くならないですよ。」
しょうが焼き定食は850円、チャーハンは700円、ご飯がなくても1,550円かかるんだろうか。
でも言い出した手前、引っ込みがつかず、そのまま注文する。

燕京
注文から10秒でスープが出てきて、更に1分後にチャーハンとしょうが焼きが同時に出てくる。
ものすごいスピードだ。
いずれも中華鍋から皿に移したばかりという感じで、もうもうと湯気が立つ。

燕京
しょうが焼きは薄切りの豚バラ肉と細く切られた玉ねぎ、ピーマンが炒められている。
玉ねぎ、ピーマンはほんの脇役で肉がたっぷり入り、見た目にボリュームがある。
食べてみると味は薄めで生姜の味はほとんど感じない。
見た目の印象とは裏腹にパンチがない。

燕京
チャーハンは玉子、ねぎ、細かく切られたチャーシューが入るシンプルなもの。
ご飯の量は2合分は楽にありそう。
私の後に入ってきた恰幅のいい中年サラリーマンがチャーハンの大盛を注文していたが、
恐ろしい盛だった。

味は、こちらはそこそこ塩味が効いていたが、米がベチャっとしてパラパラ感がなく、
まあよくある昔ながらの町の中華屋さんのチャーハンだと思った。

燕京
さて、さきほどのおばちゃん店員に会計を頼むと、ちょっと間をおいてから、
「1,500円です。」
と言われる。
50円だけ、気持ち引いてくれたわけだ。
因みに昼の12時台は並ばないと入れないことが多いのだそう。

燕京ラーメン / 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9

posted by こここ at 11:35| 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする