2013年02月24日

RISTORANTE FIRO(武蔵小山)…リストランテを名乗るハイCPイタリアン

RISTORANTE FIRO
日曜に休日出勤、夕方になって仕事に目鼻がつき、妻に電話する。
夜どうする?
なんかワインを飲みながらまったりしたいよね…。
で、前から気になっていたRISTORANTE FIROに電話し、席だけ予約する。

032.JPG
20時過ぎに妻と店の前で落ちあい、入店する。
一番奥の窓側の席に案内される。
カウンター席も含め、すべての席がうまっている。
客は老若問わずカップルばかりで幼児、子供客はいない。

028.JPG
まずは飲み物を、ということで
ペトリエラ ビアンコ3,600円というイタリアの白ワインをボトルでもらう。
市価1,400円くらいだからあまり値付けは良心的ではないかもしれないが、
イタリアの至宝と言われるバローロやバルバレスコのような高いワインは、
都内の一般的な水準よりも安く飲めるようだ。

018.JPG
料理一品目は前菜盛合わせ1,600円
イタリアンオムレツ、生ハム、鶏のインヴォルティーニ、カツオと長芋のタルタル、
オリーブのマリネ、モッツラレラチーズ、ブロッコリーのアンチョビソース和えなどなど。
ボリュームは今一つだったが、どれもなかなか美味かった。

021.JPG
二品目はパスタ、名物というホタルイカと緑野菜のオイルソーススパゲティー1,200円を選択する。
これがもう大ヒット。
パスタのゆで加減もよく、思ったほどホタルイカのクセがパスタ全体に出ていない。
大盛にしてもらえばよかったと後悔したくらいだ。

025.JPG
メインはマンガリッツァ豚のグリル1,950円
マンガリッツァ豚と言えばハンガリー固有の希少豚でハンガリーの国宝に指定されている。
食べてみれば脂身に富み軟らかいが、量が120gくらいしかなくおつまみ程度。
もうちょっとボリュームがあればよかったけれど…。

店は若い男性二人で賄われている。
最初に案内された席は窓際で寒かったが、他の席が空くとすぐに移るよう促されるなど、
気の行き届いたいい店だ。
パスタがとても美味かったから、違うパスタも食べに来たいと思った。

RISTORANTE FILOイタリアン / 武蔵小山駅戸越銀座駅戸越駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

posted by こここ at 22:00| 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする