2013年05月01日

アッチャカーナ(二子玉川)…カツが2枚乗るカツカレー

アッチャカーナ
メーデーのこの日、世は平日だが会社は休み。
この機会を利用して、夏の花火大会以外は滅多に足を踏み入れない二子玉川を目指す。
評判のカレー店「アッチャカーナ」に行くためだ。

午前10時半頃、東急二子玉川駅に着く。
玉川タカシマヤSCで時間をつぶした後、午前11時にその1階の外壁に面した店に行く。
開店しているのかしてないのか分からず店頭で戸惑っていると、
向かいの喫茶店の女性店員から"どうぞ"と入店を促される。
どうも、この喫茶店が営むカレー店ということのようだ。

アッチャカーナ
店内にカウンター席が7席、ほかに喫茶店との間のテラス席が20席ほどある。

アッチャカーナ
(画像クリックで大きくなります。)
カウンターの一番奥の席に座り、メニューを見る。
カツカレーを食べる気で来たのだが、
カツカレーには1,640円のものと"カツハーフ"という1,340円のものがある。
カツカレーフリークの私は迷わず1,640円カツカレーを注文する。
辛さ調節可能とのことで、出来るだけ辛くしてほしいとお願いする。

カウンター内の男性店員がラップした豚肉を二枚、レンジに投入する。
チンした後、それらにコロモをつけて油に投入している。
初めて見た技だ。

アッチャカーナ
注文から8分ほどでカツカレーが出来上がってくる。
100gほどのカツが二枚重なって乗せられている。
カレーは粘り気はあまりなく、細かい豚肉片と玉ねぎが具として認められる。

アッチャカーナ
食べてみる。
カレーはトマトや野菜の酸味が効いていて、スパイス感も若干あり、なかなか美味い。
カイエンペッパーでつけたと思われる辛味はあまり強くないが、不自然な辛さではない。

カツは端っこの片にはそれなりに脂身がついている。
レンジのせいかどうかは分からないが赤身部分は硬かった。
カツカレーのカツは多くの評判店でもコロモが剥がれやすいことが多いが、
この店も例外ではなかった。

アッチャカーナ
これほど酸味の強いカレーにカツを合わせて食べたのは初めてだが、
カツの質はともかくカレーが美味かったので、まずまずの満足感だった。
カツの量が多かったのも満足感の一要素である。
まあ、1,640円も取るんだから、この量は当たり前かもしれないが。

アッチャカーナ
食後に一口サイズのアイスコーヒーが出る。

アッチャカーナ
何度頼んでもなかなか水が出てこないなど細かな不満はあったが、
接客もまあまあ感じがよかった。
また来たい。

アッチャカーナ欧風カレー / 二子玉川駅二子新地駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 11:35| 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする