2013年05月23日

こづち(恵比寿)…雰囲気を楽しみたい昭和の大衆食堂

こづち
恵比寿で古き良き大衆食堂の佇まいを貫くこづち。
その評判から一度行ってみたいとかねてより思っていたが、
13時半頃に行っても外に待ち人の列があるほどの人気で、いつも断念していた。
平日のこの日、13時過ぎ、たまたま前を通りかかると、運よく待ち人なし。
但し満席だったので店内で立って待つ。

こづち
待つこと5分、一番奥の席が空き、そこに座る。
カウンター内外を行き来できる唯一のルートのような部分に無理矢理作られた席である。
メニューは店頭の表示された品以外のものも店内の壁に掲示されている。
焼きそば550円肉豆腐200円を注文する。

客層は圧倒的に男性が多く、年齢は幅広い。
ほとんどが一人客だ。
チャーハンと焼きそばが人気で、あとは肉ニラや牛バラの定食の注文も多かった。
チャーハンや焼きそばの人は大抵、肉豆腐やメンチカツなどのサイドメニューをつけていた。

こづち

こづち
若い店員から、肉豆腐を先に出していいか聞かれ、うなずくとすぐに出てくる。
豆腐半丁に豚ばら肉数枚、煮こまれて色づいているが、
見た目に比べて味はそれほど滲みているわけでなく、味ははっきり言って薄い。
まあ、200円なら十分お得と言えるが。

こづち
それから5分ほどして焼きそばが出来上がってくる。
キャベツ、ニンジン、もやし、豚肉が具として認められる。
味はソース味なのだが、これまたずいぶんと薄く、量の割にガツンと来ない。
なんだか水で薄めたソースで味付けしたような感じがする。

こづち
カウンター内の厨房では8人の店員が所狭しと作業をしている。
明らかに二人ほどは余剰人員だ。
サイドメニューの揚げ物だけを作っている人もいるかと思えば、
炒め物と肉豆腐を一手に担当している人もいる。
その分担ぶりが見ていて面白い。
変な時間に一人で来て、サイドメニューで酒を飲んでみたい。

こづち定食・食堂 / 恵比寿駅代官山駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8

ラベル:食堂 焼きそば
posted by こここ at 14:00| 渋谷区 恵比寿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする