2013年05月27日

蕎麦一心たすけ(田町)…ゲソ天を求めて

一心たすけ
昼どき、五反田あたりを車で走る。
今日の気分は立ち食いそばだ。
面倒臭いからゆで太郎でもいいか。
ゆで太郎なら吉そばの方がいいかな。
じょうなん亭の生麺もいいな。
御徒町のアズマのゲソ天美味かったな。
ゲソ天なら中延の大和屋だよな。
いや、天ぷらの美味さなら田町まで行って一心たすけだな。
生来の優柔不断で頭の中をいろいろな店が行き来したが、一路田町へ向かう。

平日の13時過ぎ、ちょっと離れたコインパーキングに車を停め、一人で店に行く。
立ち食いと言っても椅子があるのだが、ほとんど満席に近い。
入口脇の券売機で天天そば・うどん500円の食券を買う。
二種天ぷらを選択でき、そばかうどん、温・冷を選べる。
食券をカウンターの中国人と思われる女性店員に渡し、温かいそばを指定する。

ものの2分ほどでそばが出来上がってきて、天ぷらを聞かれる。
カウンターにかき揚げ、なす、ちくわ、舞茸、イカ、あじなどが並ぶ。
かき揚げとゲソを選択する。

一心たすけ
かなりヘビーな組み合わせだ。
ゲソ天はゲソを根元から房ごと揚げているので、噛み切りながら食べなければならず、
食べている内にコロモがどんどん剥がれていってしまう。
大和屋のようにゲソを細かく切ってかき揚げのようにしてくれればいいのだけれど。

かき揚げは玉ねぎと人参のみが具として認められる。
舞茸にすりゃよかったな。

そばは生麺だと思ったが、記憶違いだったかも。
あっという間に出来上がったし、食感もツルっとした感じがない。
そういやあ、前に来たときは天丼食ったんだよな。

一心たすけ
立ち食いそばも神田や八重洲あたりでは高度な競争になっているようだし、
また評判店を食べ歩いてみるかな、なんて思いつつ店を後にした。

蕎麦一心たすけそば(蕎麦) / 三田駅田町駅芝公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 13:34| 港区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする