2013年06月09日

ガラムマサラ(経堂)…この店は愉快すぎる

040.JPG
インド料理好きの私がガラムマサラを知らないわけがない。
その評判を聞くたびに、一度行ってみたいと切望していた店だ。
しかし小田急線経堂駅という立地が私の行動範囲から離れすぎていて、
なかなか足が向かなかったのである。
思い立って1ヶ月前くらいに電話で席を予約し、日曜のこの日、妻と行ってみることに。

ガラムマサラ
予約の18時に店に行くと、若い女性店員に2人用の小さなテーブル席に案内される。
先客は4人組の家族客とカップルの計6名。
テーブル席のみ全18席の店内はリニューアル後だけに清潔感がある。

ガラムマサラ
メニューは豊富すぎて、
しかも一般的なインド料理メニューとは違いそうな品が多い。
つまみ系は一品の値段が安いので、失敗を恐れずに注文しようということに。

ガラムマサラ
飲み物は白ワインのボトル2,500円を注文する。
チリのシャルドネだったが、値段の割にまずまず美味いワインだった。

ガラムマサラ
まず初めにサービスのマサラパッパドが出る。
パパドの上にたまねぎのアチャールとトマトが細かく刻まれたものが乗る。
大したことない工夫のようだが他のインド料理店に無い品だ。
この後の料理がますます楽しみになる。

ガラムマサラ
この日の料理一品目はほうれん草炒め380円
メニューにはココナッツとほうれん草のヘルシー炒めと書かれているが、
たまねぎ、コーンなどが入り、なんだかとても複雑なスパイスの味がする。
ややニンニクも入っているように思う。
とても美味い。

ガラムマサラ
二品目はタンドリーサラダ580円
細かく切られたタンドリーチキンが入るのだが、特徴的なのはいちごが入ること。
揚げた湯葉のようなものがクリスピー感を出している。
スパイス感のあるドレッシングはさっぱりして美味い。

ガラムマサラ
続いてはビーフカバブ580円
いわゆる牛のサイコロステーキに細かく切られたたまねぎのアチャールが乗っているもの。
ケチャップベースとコリアンダーペーストべースの2種のソースが添えられる。

インド料理屋で牛肉を食べたのは多分初めてだ。
ヒンズー教徒は牛を食えずイスラム教徒は豚を食えないから、
一般的なインド料理店では牛も豚も出さない。
この店は店員がすべてイスラム教徒なので、牛肉料理を出しているという。

ガラムマサラ
隣席に出されたブリバジャが美味そうだったが、妻が臓物系がダメなので、
海の幸の鉄板焼きというマスプラ480円を注文する。
海の幸は冷凍と思われる小エビとイカだったが、
たまねぎとニンニクの茎と共に独特なピリ辛のスパイスで炒められている。

ガラムマサラ
そろそろカレーに行こうということになる。
一品目は女性店員が"メニューに無いけど一番人気"と薦めてくれたレモンチキン1,280円。
鉄鍋でぐつぐつと煮立った状態で出てくる。
レモングラスに輪切りのレモンも入り、強烈な酸っぱさと辛さがいい感じで合わさる。
ナンやライスなしでも十分にイケるカレーだ。

ガラムマサラ
もう一品はベジタブルシュリンプ1,080円
レモンチキンがインパクトがありすぎるのでこちらはやや印象が薄い感じがしてしまうが、
マスタードシードが浮いていて南インド料理っぽいカレーだなあ、と思った。

ガラムマサラ
ナンもまずまず。

ガラムマサラ
メニューを見るからに料理人の遊び心があふれていて、
作る側が楽しんでいるのが分かるから、品を選んで食べている側もとても楽しい。
本格的なインド料理を食べたいときには向かないように思うが、
でも、次に来るときはきっと前の日からワクワクするはずだ。

因みに記載の値段はすべて税別、この日の会計は二人で7,500円だった。

ガラムマサラインド料理 / 経堂駅宮の坂駅山下駅

夜総合点★★★★ 4.0

posted by こここ at 21:37| 世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする