2013年08月16日

四季煲坊(新橋)…新橋最強大衆中華料理店

四季ボウ坊
お盆の週の金曜、午前11時頃新橋赤レンガ通りをトボトボ歩く。
ここ数日ランチは揚げ物が続いていたので海鮮丼がいいかなあなんて思いながら
飲食店を物色する。
通りがかった「四季煲坊」という中華料理店の店頭に立つ中国人女性に声をかけられる。
その笑顔につられてつい入店してしまう。

四季ボウ坊
開店直後のようで先客はなし。
4人用のテーブル席に座り、渡されたランチメニューを見る。
店内に貼られた雑誌の切り抜き記事などから察するに
牛バラと五目野菜か石もち塩漬けなどの土鍋ごはん系が一番のウリのようだが、
チンジャオロースのあんかけ鉄板焼そば840円を選択する。
ランチメニュー以外もできると言うので、壁に貼られていた鉄鍋餃子525円も注文する。

四季ボウ坊
実はこの店のことは以前から気にはなっていた。
TVや雑誌で紹介されることも多いし、有名ブロガー達にもたびたび採り上げられている。
新橋は赤坂と並んで大衆中華の店が多い街だが、
中でも鴻運と並んで評判の高い店と言えるだろう。

四季ボウ坊
店内を見渡せば有名人のサインも多数貼られている。
ビックリするような大物のサインも見受けられる。

四季ボウ坊
そのサインと共に壁一面に写真入りの一品メニューが貼られているのだが、
結構魅力的な料理が多い。
どの料理もランチ時に注文できるようだから、
昼から一品料理を並べてガッチリ飲むこともできるわけだ。

四季ボウ坊
冷たいお茶と搾菜がすぐに出てくる。
この自家製と思われる搾菜がなかなか美味い。
辛さの中にほのかな甘みがあって、食べだしたら止まらない。

四季ボウ坊
注文から8分くらいでまず焼きそばが出来上がってくる。
ジュージュー音を立てる鉄鍋にこんもりと盛られ、かなりの量に見える。

四季ボウ坊
底に焦げ付こうとしている麺をスプーンでこそぎ剥がし、全体をかき混ぜる。

四季ボウ坊
鉄鍋の音が落ち着いた頃、汗だくになりながら混ぜ終える。
混ぜている内にあんはどこかに行ってしまったようで、
そばと牛肉とピーマンとタケノコともやしを一緒に炒めたような、
見た目としては今流行りの焼スパゲティのような感じになる。

食べてみると、変わった味つけのないシンプルな塩味で、
やや油っぽさがあるがなかなか美味い。
青椒肉絲焼きそばは牛肉の量が寂しいことが多いが、この店のはタップリ入っている。

四季ボウ坊
焼きそばが出てから約5分後に鉄鍋餃子が出てくる。
やはりジュージューと音を立てる鉄鍋に餃子が5本並ぶ。

四季ボウ坊
割ってみると、中のあんはあまりびっしりつまっていない。
一般的な店のものよりやや小ぶりになると思う。
焼きそばの量が多いからちょっと助かった気はしたが…。

鉄鍋餃子は普通の餃子と違ってあんに春雨や海老のすり身が入ることが多いが、
この店のものにもしっかりと入っている。
少々旨味調味料の味が強い気もしたが、皮のパリッとした焦げ目の食感もよく、美味かった。
卓上に食べるラー油が置かれているのが嬉しかった。

四季ボウ坊
評判通り、大衆中華の店としてはなかなかの満足感だった。
それにしても店頭で女性に微笑みかけられるだけでほいほい入店してしまうのはどうなんだろう。
なんだかこの先、あまりよくない落とし穴が私に待っているような気がする。

四季ボウ坊
いずれこれを食いに来たい。
えび玉、大好きなんだよなあ。

四季ボウ坊中華料理 / 新橋駅内幸町駅汐留駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 11:36| 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする